法律事務所に弁護士秘書として転職する方法|未経験からなる場合は学歴や資格・経験は必要?

弁護士秘書

弁護士秘書とは、忙しい弁護士をサポートする役割をこなす人のことを指します。性別に制限はありませんが、多くの場合女性が弁護士秘書として働くことが多いようです。

正社員として直接法律事務所から雇われることが多いですが、パートや派遣社員として働く場合もあります。

名前の通り「弁護士の秘書を行う」ということはなんとなく予想できますが、具体的な仕事内容を理解している人は少ないのではないでしょうか。

今回の記事では、転職で弁護士秘書になることを考えている人に、

  1. 弁護士秘書の仕事内容や仕事の見つけ方
  2. 弁護士秘書に向いている人の特徴

などを紹介します。

続きを読む

弁護士におすすめの転職先9選!法律事務所・インハウス ・一般企業の転職先別メリット・デメリット

弁護士_転職先

司法試験に合格し、法律事務所に無事入所できたとしても、さまざまな理由から転職を考えることもあるでしょう。

最近では、法律事務所だけではなく、一般企業にてインハウスローヤーとして活躍する弁護士も増えています。

今回の記事では弁護士におすすめの転職先6選と職業別のメリット・デメリットを紹介するので、転職を検討中の人は参考にしてください。

続きを読む

ひまわり求人求職ナビとは?弁護士・司法修習性が知っておくべき使い方と他サービスとの比較

ひまわり求人就職ナビ

弁護士や司法修習生であれば「ひまわり求人求職ナビ」を知らないという方は、ほとんどいないのではないでしょうか。

「ひまわり求人求職ナビ」は日本弁護士連合会が運営する、弁護士と司法修習生向け求人サイト。

おそらく、弁護士と司法修習生が就職や転職の際に、まず確認するサイトではないかと思います。

ですが、この「ひまわり求人求職ナビ」、微妙に使いづらかったり、ブラック事務所の求人が掲載されているなんてうわさがあったりして、少々利用するのがはばかられますよね。

この記事では、「ひまわり求人求職ナビ」の基本的な概要や使い方、デメリット、転職エージェントとの比較をお伝えします。

続きを読む

法律事務所に転職する際に役立つ志望動機の作成ポイントと注意点【例文あり】

法律事務所_志望動機

法律事務所の事務員やパラリーガルなどのスタッフ求人に応募する際、志望動機をどう書くべきか悩みますよね。

正直、たまたま求人募集を見つけただけで、応募にこれといった大きな理由はないという方も少なくないかと思います。

まずお伝えしたいのが、法律事務所への応募に大げさな志望動機は必要ないということです。

一般企業に応募する際と同様に、事務所が求める人物像に合わせながら、やりたいこと・興味があることを志望動機に落とし込むことが大切です。

この記事では、法律事務所に転職する際の志望動機を作成するポイントや注意点、記載例などを解説します。

自身の考えを整理確認しながら読んでみてください。

続きを読む

新卒でインハウスローヤー(企業内弁護士)に就職できる?求められるスキルとなる方法

インハウスローヤー 新卒

新卒でインハウスローヤー(企業内弁護士)を志望する人が増えてきました。インハウスローヤーは、特定の企業内で従業員や契約を通じて所属して、法的業務をおこないます。収入面で安定していて、ビジネスや経営に関する知識を学べるメリットがあります。

この記事では、新卒弁護士がインハウスローヤーになるために必要なスキルや資質、手段についてお伝えします。

続きを読む

【例文付き】弁護士が法律事務所への転職で志望動機を作成する際のポイントと注意点

弁護士_志望動機

弁護士に限った話ではないですが、転職活動の中で志望動機の作成が苦手な方というのは少なくありません。

四大法律事務所のような大手や、業界で一目置かれている事務所ならまだしも、ありきたりな街弁向けの志望動機となると、なかなか良い物を作るのは難しいですよね。

本音を言えば、待遇や勤務条件の良さに魅かれただけで、事務所自体に興味はないというのも、ある意味では普通のことです。

とはいえ、そのまま本音を伝えて採用してくれる事務所は、まず存在しないため、きちんとした志望動機を作る必要があります。

この記事では、弁護士が良い印象の志望動機を作るためのポイントや注意点、応募先別の作成例を紹介します。

続きを読む

弁護士から転職するなら!おすすめの業界・職種と転職を成功させるポイント

弁護士から転職

弁護士を辞めて別の職業に転職したい場合、どういった職種を選べば良いのでしょうか?

今回は弁護士からの転職で法律的な知識やスキルを活かせる職種や転職を成功させるポイント、転職時の注意点などをご紹介してきます。

弁護士から転職する場合、以下の職種なら弁護士時代のスキルやノウハウ、法的な知識を活かせて活躍できる可能性が高いといえ、お勧めです。

続きを読む

弁護士を辞めたい!辞めたい理由と辞めるメリット・デメリット|元弁護士が語る転職の選択

弁護士_辞めたい

一生懸命勉強をして弁護士になっても「弁護士を辞めたい」と思ってしまう方が少なくありません。

  1. 実際に辞めてしまって後悔しないだろうか?
  2. 辞めた後どうするのか?

考えておきたいことがいろいろあります。今回は弁護士を辞めるメリットやデメリット、転職に関する知識や円満退職する方法など、解説していきます。

続きを読む

弁護士向け転職エージェントの賢い選び方|初めてエージェントを利用する際の基礎知識

弁護士_転職エージェント

転職エージェントとは、転職を希望する方が利用する転職サポート支援の一つで、転職サイトとは違い転職者1人1人に担当がつき、面接や履歴書の書き方を教えてくれるアドバイザーのことです。

転職に伴うキャリアプランを一緒に考えてくれますし、応募先企業の相談や業界の知識を教えてくれるだけではなく、面接対策や給与交渉といった、個人ではなかなか行えない作業を代行してくれる、パートナーのような存在といっていいでしょう。

 

転職エージェント 転職サイト
手軽さ カウンセリングを行って一緒にキャリアプランを立てていく。 求人応募、面接時期を自分で決められる分、手軽さある。
求人数 キャリアプランをに合った求人を厳選してご紹介します。非公開求人も多数。 非公開求人以外はすべて応募が可能。
企業の情報量 求人サイトには載っていない企業文化なども知ることができる。 求人サイトで公開している情報のみ確認可能。
サポート体制 適性と希望を理解した上で最適な業界、職種、企業を一緒に考えてくれます。 転職のノウハウなどを読んで、自分ひとりで行う形になります。
交渉
面接設定
企業への応募から面接設定、入社の条件交渉などもキャリアコンサルタントがすべて行います。 応募や面接設定、給与交渉などすべてご自身で行います。
入社成功率 職務経歴書の書き方から面接対策、採用担当者が見ているポイントなどをアドバイスしてくれるため、内定率が格段に上がります。 求人サイトや他の情報源から学んだことを活かして面接に挑みます。頑張り次第でしっかりと入社を勝ち取ることができます。

続きを読む

アンダーソン・毛利・友常法律事務所の取扱業務・年収・採用時に求める弁護士像も解説

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

四大法律事務所の一つであるアンダーソン・毛利・友常法律事務所(AMT法律事務所)。業界内で働く人であれば。知らない方はまずいないでしょう。

一度でよいからAMT法律事務所のような大きな事務所で、自分の力を試してみたいと思う法曹関係者も少なくないかと思います。

とはいえ、実際に働くのであれば、勤務条件や職場の雰囲気、取り扱う分野など、AMTの実情を少しでも知っておきたいですよね。

この記事では、アンダーソン・毛利・友常法律事務所が扱う分野や求める人物像、年収などを詳しく解説します。

また合わせて、転職方法や働く際の注意点、口コミ・評判なども解説しますので、アンダーソン・毛利・友常法律事務所への転職を考えている方は参考にしてみて下さい。

続きを読む