NO-LIMIT(ノーリミット)は
弁護士に強い
転職支援サービスです

無料会員登録すると、あなたにぴったりな方法で内定獲得までサポート

  • 書類添削サービス
  • 内定獲得の面談対策
  • 事務所内情に詳しい
  • ブラック事務所排除
  • 書類通過率90%の実績
  • 代理で年収交渉可
  • 企業法務未経験紹介可
  • 修習生も強力サポート
  • インハウス転職実績
無料会員登録する

NO-LIMITとは|弁護士の転職支援・成功事例の紹介と内定獲得に強いサポート内容

NO-LIMIT(ノーリミット)は弁護士業界専門の転職支援サービスです   転職は多くの人にとって人生の転機であり、それは弁護士も同様です。能力が発揮できる、成長できる、やりがいを感じられるなど、自身が働くうえ […]

mv_bg_sp

NO-LIMIT(ノーリミット)は
弁護士業界専門の転職支援サービスです

 

転職は多くの人にとって人生の転機であり、それは弁護士も同様です。能力が発揮できる、成長できる、やりがいを感じられるなど、自身が働くうえで最適な環境が整った事務所・企業に転職したいと考える人がほとんどでしょう。しかし、実際に転職活動をしてみると、自身の希望にあった職場を見つけるのは簡単ではないと、感じる人が多いはずです。

弁護士が希望通りの職場を見つけられない一番の要因は、弁護士の転職に関する情報量が少ないこと。持つ情報が少なければ少ないほど、選択肢の幅も狭くなるので、情報量の多さが転職活動の結果を左右するといっても過言ではありません。そのため、いかに情報を集めるかが転職活動成功のカギであり、そこで役立つのが弁護士向け転職支援サービスの存在です。

 

昨今の新型コロナ騒動における
弁護士の採用市場動向

近年、弁護士の採用事情に関しては売り手市場と言われていますが、新型コロナウイルスの影響に法曹人口の増加も相まって、不安を感じている人は多いかもしれません。

結論からいうと、現状では弁護士の採用市場に大きな変化はないといえます。新型コロナウイルス流行の影響を受け、採用活動を一時的に中断すると判断した事務所・企業もありましたが、割合的にはかなりの少数。多くの事務所・企業では採用活動を現時点でも継続しており、NO-LIMITにも新しい問い合わせが随時寄せられています。

また法曹人口も増加しているとはいえ、採用需要を満たすには程遠い状況です。特に中途採用に関しては、なかなかニーズを満たす人材がおらず、独立志向を持つ人の多さも相まって、採用に苦戦する事務所は少なくありません。

さらに最近は企業も経験弁護士の採用に積極的であるため、求職者側にとっては有利な状況といえるでしょう。

『NO-LIMIT』の転職支援サービスが
ご満足頂いている理由

最近だと弁護士が転職活動を行う場合でも、ひまわり求人求職ナビだけでなく、転職サイトや転職エージェントを利用されることが多いかと思います。【NO-LIMIT】はそんな転職支援サービスの一つです。他社サービスと比べて、どういった点で優れているのか確認していきましょう。

弁護士業界に精通した
アドバイザーがサポート

利用者一人ひとりに対し丁寧にヒアリングを行い、キャリアの方向性や仕事に求めるものなど、転職活動に望む思いの内を確認させていただきます。そのうえで、要望に沿った求人を提案。要望に見合った職場が見つかるまで、何度でも求人の提案、転職相談に対応いたします。転職支援サービスでありがちな最初に話だけを聞いて、あとは求人紹介だけで終わりというようなサポートは、NO-LIMITでは行いません。

求める人物像・内情を把握
ミスマッチが少ない

一般社会であれば問題となるような過重労働、パワハラ・セクハラが行われている事務所もあるので、転職への不安感はなおさらのことでしょう。企業の場合も同様で、法律事務所でしか勤務経験がない場合には、どういった環境なのかイメージがつかない人も少なくないかと思います。NO-LIMITでは、紹介先の法律事務所・企業に対してもヒアリングを行い、内情や求める人材像を把握。求職者と事務所・企業側双方にとって、ミスマッチの少ない提案が可能です。

ワークライフバランスを重視した
事務所・企業選定が可能

面談時ヒアリングさせていただいた情報を基に、条件にピッタリの事務所・企業様をご紹介致します。大手4大事務所や人数の少ない事務所出身の弁護士の場合、無理な働き方を続ることも往々にしてございます。若いうちは弁護士としてのスキルを身に着ける意味でも、意味はあるかと思いますが、ワークライフバランスを考えた際に、私生活を充実させたいという方も多いでしょう。ご紹介する企業・事務所の中には仕事と私生活の両立を大事にする事務所・企業も多いため、残業の少ない転職が可能です。

面接・面談対策を徹底サポート

士業管理部門向けの転職エージェントサービスでは、しっかりとした面談対策を行ってくれないのが不安のひとつ。NO-LIMITにご登録していただいた方でも、他のエージェントさんを利用しているケースは多いですが、面談・面接対策の機会を設けているところはほぼありません。面接対策をしっかり行うことで、内定率は大きく変わりますので、NO-LIMITではでひとりひとりの強みを引き出すサポートを大事にしています。

弁護士専門の転職支援サービス『NO-LIMIT』

 

弁護士・法律事務所様と長年お取り組みをしていく中で、問い合わせの供給だけではなく案件の増加に伴った新しい人材の確保を依頼されるケースが増えてきたため、延べ500事務所様以上の取り組み実績を生かした豊富な人材紹介を可能としています。時間と手間を要する情報収集をサポートし、履歴書作成や面接のポイントについてのご相談を毎日受け付けております。

 

ご紹介した求人が希望に沿わなければ応募しなくても構いませんので、安心して自分のペースで転職活動をすることができます。

 

あなたの転職を成功させるため、尽力することをお約束いたします

転職支援サービスに登録する(無料)

弁護士の活躍の場を
一緒に模索

弁護士業界での提案営業や独立・開業・集客支援を長年続けてきた専任エージェントが、あなたのご希望を伺い、弁護士としてのキャリアの積み重ねを親身にサポート。一方的な求人の紹介ではなく、一緒に考え、希望に沿った法律事務所や企業をご提案します。

弁護士の業界は閉鎖的です。秘密主義という訳ではありませんが、紹介で成り立ってきた業界なので他所の情報が意外と入ってきません。案件の獲得方法ひとつとってもそうから、ましては転職活動に関する情報はもっと少ないのが現状です。弁護士としてさらなる高みを目指すあなたへ、NO-LIMITが最適なキャリア支援を行います。

法律事務所の内情を
細かく把握

あなたにご紹介する応募先の法律事務所は、案件の獲得経路、事務所の体勢、所属弁護士の人間関係も把握しております。弁護士の業界はかなり閉鎖的です。株式会社ではないので売り上げ等を対外的に公開する必要がないため、どこの事務所が何をしているのか、どの様な事務所体勢で運営しているのか、外からではわかりにくい状況は多くあります。

私たちはひとつひとつの事務所、企業の内情を正確に把握したうえで、あなたに最新の状況をお伝えすることができます。

面接対策・履歴書添削も
しっかりサポート

面接対策もしっかりサポートできます。面接日時の設定や給与などの条件交渉はもちろん、あなたの仕事に対するスタンスに合った事務所を選定します。

また、今後弁護士の活動の幅はさらに拡大していくと考えており、そのなかで私たちは、求職者さまのこれまでのキャリアに囚われない、活躍のフィールドを紹介しながら、キャリアの可能性を共に模索していくことを心がけております。

インハウスローヤーへの
転職もサポート

NO-LIMITは最大限あなたの希望をかなえる求人紹介を行いますが、万が一希望に一致する応募先がなかった場合、エージェントが求人の新規開拓まで行い、調整いたします。 インハウスローヤーの需要はこの10年10倍に、日本組織内弁護士協会(JILA)が統計をはじめた2001年は66名だった企業内弁護士の数も、2019年1月時点で2,454名まで増加し、毎年200名規模のペースで増えています。

つまり、必ずマッチする求人は存在します。もちろん新規開拓や付随する転職支援サービスのご利用は無料です。ご安心してご相談ください。

転職支援サービスに登録する

数字で見る『NO-LIMIT』

NO-LIMIT(ノーリミット)にご登録いただいている求職者様の属性をご紹介。
弁護士経験が浅い方、初めての転職の方、10年以上のベテランの方も含め、毎月40名様以上のご登録をいただいています。

 

nolimit求職者割合

NO-LIMIT(ノーリミット)にご登録いただいている求職者様の属性をご紹介。弁護士経験が浅い方、初めての転職の方、10年以上のベテランの方も含め、毎月40名様以上のご登録をいただいています。

 

nolimit割合sp

転職支援サービスに登録する

NO-LIMITの弁護士転職成功例

転職成功事例

上場企業から外資金融のインハウスへ

30代/男性 転職前年収1500万円 → 転職後年収2000万円
上場企業でインハウスとして企業法務に携わってきたが、日系企業の給与体系では早期のベースアップを実現させるのは難しいと判断し、転職を決断。企業法務の経験だけでなく、語学力や渉外経験も豊富であったことから、外資系の金融機関をご提案させていただきました。現在は業務量や案件難易度に圧倒されながらも、納得感のある給与と経験が得られる職場で、充実した時間を過ごされているようです。

総合法律事務所からメガベンチャーのインハウスへ

20代 男性 転職前年収500万円 → 転職後年収600万円
一般民事から企業法務までまんべんなく経験できると聞いて入所したものの、実情は9割以上が個人案件。このままではスキルに偏りが出てしまうと感じ、NO-LIMITにご登録されたそうです。インハウスへのキャリアチェンジを希望していましたが、企業法務の経験がほとんどなく、転職への不安は大きかったとのこと。専任アドバイザーが履歴書の埋め方から面接対策まで、しっかりとサポートを行うとともに、本人の努力も相まって、ポテンシャル採用に積極的な企業への転職を果たすことができました。

渉外事務所から一般民事系事務所への転職

20代 男性 転職前年収800万円 → 転職後年収600万円
将来的な独立開業を見据え、大手渉外事務所から一般民事系事務所に転職したいとのご相談を受け、アドバイザーがサポートを行いました。最終的に年収の下がる転職となりましたが、一般民事事件を幅広く経験でき、小規模ながら事務所全体の雰囲気の良さが決め手となり、ご決断いただけました。

無料転職支援サービスに登録する

NO-LIMITの「非公開求人」に関して

NO-LIMITに掲載されている具体的な法律事務所、企業の詳細が非公開となっている「非公開求人」は、NO-LIMITが独自に保有するハイクラス求人です。一般公開されておらず、シークレット募集を行っている事務所様、企業様が、極秘にしておきたい求人が多数含まれております。


非公開バナー 非公開求人の紹介を受ける(無料)

紹介先事務所・企業の例

転職先

弁護士が転職活動を
成功させるために
知っておくべきポイント

弁護士の転職活動のやり方も、以前と比べると変化しつつあります。ひと昔前の弁護士向け求人サイトといえば、『ひまわり求人就職ナビ』や『アットリーガル』といった媒体で、そこを活用すれば転職が容易に実現できた時代もありました。

弁護士数の増加による
採用ニーズの変化

弁護士の数は2018年にはついに40,000人を突破。法律事務所の数も毎年約500事務所ずつ増えており、弁護士業界の採用市場も激化しているのが現状です。特にインハウスローヤーとして企業な弁護士を欲する企業の場合、ひまわりのような公開求人で弁護士を募集することは少ないのが現状です。

もし、インハウスへの転職を考えている場合、転職エージェントが抱える非公開求人から応募する必要があるため、キャリアアップ・年収UPを念頭におかれる場合は、エージェントサービスの利用価値はかなり高いと思ってよいでしょう。

弁護士を専門とした
転職エージェントの台頭

以前は弁護士の転職となると、ひまわり求人求職ナビを利用するか、紹介という形で次の職場を探すことが多かったと思います。

なので、転職エージェントってなに?と疑問に思う人は多いかもしれません。転職エージェントは関単にいうと、法律事務所・企業と求職者の間に入った人材紹介会社が、双方の要望を伺ったうえでマッチングするサービスです。

転職サイトだと求職者自らが求人を探して応募しますが、転職エージェントの場合は保有する求人のうち、担当アドバイザーが提案したもののなかから選んで応募することになります。企業とのやり取りも転職エージェントを介して行うので、求職者は必要なことだけに集中して転職活動に臨めるため、負担が少なく済みます

転職に適した時期について

法律事務所の採用に関しては、基本的に時期ごとの求人の増減はあまり見られません。法律事務所ではこれといった繁閑期はなく、人員の拡充が必要になるタイミングも事務所それぞれです。なかには、司法修習生の受け入れを始める1月頃に併せて、経験弁護士の求人も出す事務所もありますが、それほど多くはなく、増えても微々たるものでしょう。他方、企業の場合は年度が切り替わる3~4月・9~10月頃に求人が増えるとされています。もちろん、それ以外の時期に関しても求人はゼロではありませんが、インハウスロイヤーに興味がある人は、3~4月・9~10月頃を狙ってみてもよいでしょう。

学歴・司法試験の成績について

学歴・司法試験の成績について、司法修習生は考慮されて当然であるにしても、経験弁護士が転職をする場合は関係ないと思うかもしれません。ですが、弁護士経験が3年に満たない場合には、学歴や司法試験の成績も判断材料として扱われることもあるので注意が必要です。やはり、経験年数が3年未満となると、通常はまだ半人前の弁護士として扱われます。経験や実績だけでは、弁護士としての能力を判断しきれないので、学歴や司法試験の成績から地力の高さを伺うわけです。

退職方法について

弁護士が転職するにあたり、一番気を遣うのが退職に関してかと思います。退職でボス弁と揉めるケースは少なくなく、揉めなかったとしても、退職に半年近くかかることもざらです。すぐにでも転職したい人にとっては、退職時期を引き延ばされたら、たまったものではないと思いますが、できるだけ円満退職をはかりましょう。弁護士業界は非常に狭い業界であり、下手な辞め方をすると、後の仕事に影響が出ないとも限りません。最低限、下記のような配慮を行ったうえで退職交渉を進めていくことをおすすめします。
2~3ヶ月前には退職の意思を伝えておく
引継ぎは丁寧に行う
忙しい時期は避ける

それでもなお、退職の妨害をしてくるようであれば、所属弁護士会に相談してみたほうがよいかもしれません。

自分にあった職場の見極め方

自分にあった職場を見つけるうえで、まず大切なのが「転職の軸」を明らかにすることです。仕事や職場に対して何を求めるのかは人それぞれ異なります。どれだけ評判の良い職場であっても、自分が満足できる要素を満たしてなければ、仕事で充実をえられることはないでしょう。反面、労働環境が決して良いとはいえない職場であっても、必要な要素を満たしていれば、仕事で得られる満足は大きいはずです。では、どのように転職の軸を探すかというと、まずは自分が仕事や職場に求める条件をできるだけ書き出してください。そのうえで、書き出した条件を「必須」と「あると嬉しい」に分けましょう。

転職サービスへのご登録から内定までの流れ

  • STEP1無料登録
    無料登録フォーム』に必要事項をご入力ください。入力内容に不備があると、こちらからの連絡が届かない場合があるため、お間違えの無いようお気を付けください。
  • STEP2サービス登録完了の連絡
    登録完了後1営業日以内に電話またはメールで連絡いたします。担当のアドバイザーが求職者様の現在のご状況、希望条件等をお電話・オンライン面談にてお伺いいたします。確認させていただいた情報を元に、NO-LIMITが保有する求人の中から、求職者様に合った求人をご紹介します。また、万が一難しい条件であった場合、求職者さまにあった企業・事務所の新規開拓も行っております。
  • STEP4選考・面接
    応募先との日程調整等は担当アドバイザーが代わりに行いますので、在職中に転職活動を行う方もご安心ください。また、内定獲得に向けて、応募先の詳しい情報もご提供いたします。昨今の状況では、地方在住・首都圏在住の方問わず、オンラインでの面接が主流になっておりますので、全国の事務所・企業への応募が可能です。
  • STEP5内定
    内定獲得後の入社時期や勤務条件の調整なども、担当のアドバイザーが代わりに交渉します。また、現職を円満に退職するためのアドバイス、入社手続きの準備に関する連絡など、最後まで転職活動をサポートいたします。

弁護士の転職でよくある質問

この項目では、弁護士の転職でよくある質問に対する回答をまとめたので、確認していきましょう。

弁護士が年収を上げるにはどうすればよい?

転職によって年収を上げたいのであれば、自身の持つ経験やスキル、実績を高く買ってくれる事務所や企業を探しましょう。需要が高く、希少な経験やスキルを持っている人ほど、年収を高めやすいといえます。またパートナーとして好待遇を望むのなら、営業力は必要不可欠です。自分で案件を獲ってこられないとなると、パートナーでの採用自体が厳しいといえます。

非公開求人とは

非公開求人は人材紹介会社等の限られた場所でしか紹介してもらえない求人を指します。反対に自社ホームページや転職サイトなどで求人情報を公開しているものを、「一般公募求人」と呼びます。

転職活動は在職中にすべき?

基本的に転職活動は在職中にしたほうがよいとされています。というのも、仕事を辞めてからだと、収入がゼロになることへの不安、転職先が見つからないことへの焦りから、必要以上に妥協してしまい、転職後に後悔するケースが少なくないからです。とはいえ、仕事が忙しすぎて、転職活動をする時間が取れないという弁護士も少なくないでしょう。一番は業務量を減らしてもらうことですが、難しい場合は退職後に転職活動を始める形でも問題ありません。ただその際は長期戦になる可能性も考慮して、金銭的に余裕がある状態にしておきましょう。また転職エージェントを利用すれば、転職活動に関してさまざまなサポートが受けられるので、少ない時間でも効率よく転職活動が進められるはずです。

年齢が高いと転職は不利?

弁護士の場合は一般的な会社員に比べたら、年齢が転職で不利に働きにくいといえます。むしろ経験年数のほうが重要です。ただまったく影響がないわけではなく、若手が多い事務所だと年齢が離れている弁護士は採用しづらいですし、インハウスも経験年数に比べて年齢が高いと、他の社員との待遇の兼ね合いから採用はしづらいでしょう。

 

 

弁護士業界に強い転職サービス

  • POINT1あなたに合った求人を丁寧にご提案
  • POINT2法律事務所・インハウスの求人多数
  • POINT3職歴書の添削・面接対策も強力サポート
  • POINT4企業法務未経験・修習生の方も紹介可能
  • POINT5円満退所・退職のアドバイスも

無料転職サポート登録

    • 1

      STEP1

    • 2

      STEP2

    • 3

      STEP3

    1/3

    STEP1

    現在の所属
    性別
    お住まいの
    都道府県

    生年月日
    氏名
    フリガナ

    メールアドレス
    電話番号