HR事業

 – NO-LIMITの導入と効果  –

NO-LIMITを選んだ理由・利用したきっかけ

ひまわり求人さんへの掲載は検討していたが「あまり意味がない」と言われ、採用要件が特殊なため求人サイト経由では良い方が見つからなかったり、採用までに非常に時間がかかることを考えると、スピード感を求める今回の採用には向いていないため、エージェント利用に至りました。

採用に関する課題 NO-LIMIT導入効果

・ひまわり求人への掲載で応募が来るか不明

・採用要件が特殊なため求人サイト経由では良い方が見つからない

・採用までに非常に時間がかかる

・一番レスポンスが早かった

当社の採用意図を120%くみ取ってくれた

・応募者の提案から頂選考過程を非常にスムーズに運んで頂けた

編集部:本日はお時間頂きありがとうございます。当社サービスを利用した際のご感想など頂ければ幸いでございます。

採用担当様はい、宜しくお願い致します。

 

弁護士特化の人材紹介会社には御社含め3社ほど問い合わせたのですが、一番反応が早かったのが御社でした。他の紹介会社はレスポンスが1週間後でしたり、担当が要件を把握していなかったりで、信頼がおけなかったのが正直なところです。

Q:NO-LIMITの利用してみた感想は?

編集部:本インタビューの事前アンケートでは、非常に良い評価を頂いており、ありがとうございます!

採用担当様いえいえ、本当に助かりましたので、最大級の評価をさせて頂きました!

編集部:そう仰って頂けて非常に嬉しいです。

それでは具体的にどの部分が良かったかを順にお伺いして参ります。まず、当社のような人材紹介を使う前に、求人媒体などにも掲載していましたか?

採用担当様ひまわり求人さんへの掲載は検討していたのですが、知り合いの弁護士から「あまり意味がない」と言われたので、見合わせました。

また、採用要件が特殊なため求人サイト経由では良い方が見つからなかったり、採用までに非常に時間がかかることを考えると、スピード感を求める今回の採用には向いていないため、エージェント利用に至りました。

編集部:なるほど、そのスピード感で当社はご満足頂けておりましたでしょうか?

採用担当様弁護士特化の人材紹介会社には御社含め3社ほど問い合わせたのですが、一番反応が早かったのが御社でした。他の紹介会社はレスポンスが1週間後でしたり、担当が要件を把握していなかったりで、信頼がおけなかったのが正直なところです。

編集部:レスポンスの早さは非常に重要視しておりますので、お褒めに預かり光栄です!

Q:当社との選考フローや対応についてはいかがでした?

採用担当様今回御社が一番良かったポイントは、弁護士の人材紹介となると、ほとんどが法律事務所への紹介であり、インハウスへの紹介は少ないと思われるのですが、そんな中でも当社の採用意図を120%くみ取ってくれたことでした。

またその後すぐに応募者をご提案頂いたこと、選考過程を非常にスムーズに運んで頂けたことも、利用して良かったと思えるポイントです。

編集部:何と言いますか、エージェント冥利に尽きます笑

やはりエージェントの価値は、「スピード」と「提案力」にあると考えているため、そちらを評価頂けて本当に良かったです!
ちなみに、応募者のお人柄はいかがでしたでしょうか?スキルが十分でもミスマッチになるケースは、特にインハウス採用だと多いので…。

採用担当様弁護士の多くはユニークな方が多く、インハウスで社内の風土に合わせながら働いてくれる方は見つけづらいと思っていたのですが、非常に柔軟に対応して頂けて頼りになっております!

編集部:ご活躍なさっているそうで良かったです!

Q:弁護士特化型のエージェントに求めることは?

編集部:今回の採用に限らず、今後弁護士特化エージェントに求めること・サービスがございましたら、是非ご意見頂ければと存じます。

採用担当様初めてインハウスローヤーの採用を考える企業は、まず何から始めれば良いか全然わからないケースが多いと思います。弁護士をインハウスで採用するメリット、どのような業務まで任せられるのか、報酬はどこまで設定すれば来てくれるのかetc…

そういう企業の人事担当に向けて、インハウスローヤーのことを説明する資料ないしセミナーがあると嬉しいですね。

編集部:確かによく聞かれる問題ですね。コンプライアンス強化などインハウスローヤーの需要が増えている時世ではありますが、採用に具体的なイメージを持たれているベンチャー・中堅クラスの企業様は少ないと思います。

採用担当様今回当社は、この金額でなければ採用出来ないという上限を設けていたので大丈夫でしたが、仮に「この業務だったら、採用に1000万は必要ですよ」とエージェントに言われてしまうと鵜呑みにせざるを得なかったりするので、情報の非対称を解消する試みがあるとありがたいです。

編集部:ありがとうございます。わざとエージェントが吹っ掛けるケースはさすがにないと思いますが、確かに、インハウスローヤーに対する適切な報酬額を設定出来ている企業は少ない印象ですね。

採用担当様弁護士の業務範囲を正しく理解できていない企業が多いのかもしれません。

弁護士には契約書チェックやIRなど管理側の業務だけでなく、事業戦略立案など現場サイドの業務もお願い出来ますし、特に若い先生はそういった業務にも携わりたいはずなのに、企業が弁護士の使い方を理解していないため、思うように採用が進まないケースはあると思います。

編集部:仰る通りですね。インハウスローヤーに限らず、弁護士を顧問契約で利用している企業様にもこれは当てはまると思います。弁護士の活躍の場をNO-LIMITに広げていくため、こういった発信を私たちがしていかなければならないと、身に染みて感じました。

採用担当様はい、期待しておりますので、これからも頑張ってください!

編集部:貴重なご意見、お時間頂き誠にありがとうございました。