ドラマや情報番組等で「ヤメ検」という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

ヤメ検とは、元検事の人に対して使われる俗称で、法曹業界特有の用語でしたが、今日ではさまざまな媒体を通じて、世間一般にも広まっています。

なぜ業界内では、元検事の弁護士を「ヤメ検」といい、他の弁護士と区別して呼び方がなされているのか少々気になりますよね。

この記事の前半では、ヤメ検の特徴や年収、主な転職先などについて解説します。

後半では、ヤメ検の転職活動でのアピール方法や、おすすめのエージェントを紹介するので参考にしてみてください。

NO-LIMITは
弁護士専門の転職支援サービスです

    1. 1.ひまわり求人には載っていない優良事務所のご紹介
    2. 2.弁護士業界出身のプロだからわかる、弁護士転職市場の情報提供
    3. 3.ひとりひとりスキルと経験に合った求人紹介
    4. 4.法律事務所の内情を把握!パワハラ横行のブラック事務所を徹底排除
    5. 5.書類通過率90%の秘訣(※2021/04時点) など

手厚い転職サポート』をさせていただきます。内定を得ることだけをゴールにせず、転職後も気持ちよく働けることを大切にした、キャリア相談をモットーにしています。

弁護士の求人紹介サービスに登録する

弁護士特化の転職支援サービスです

  • 1. ひまわり求人には無い優良求人の紹介
  • 2. あなたに合った求人を丁寧にご提案
  • 3. ブラック法律事務所の徹底排除
  • 4. 事務所雰囲気、経営方針もノーミスマッチ
  • 5. 書類通過率90%(※2021/04時点) など
  • 業界出身のアドバイザーのみが対応。内定を得ることだけをゴールにせず、転職後も気持ちよく働けることを大切にした、キャリア相談をモットーにしています。
弁護士の求人紹介サービスに登録する

ヤメ検とは

冒頭でもお伝えした通り、ヤメ検とは元検事に対して使われる俗称で、主に検事を退職した後に弁護士へ転向した方を指すことが一般的(もちろん弁護士以外に転職する方もいます)。

検事は、弁護士や裁判官と同様、司法試験に合格し司法修習を経て任官(例外アリ)しているため、退職後に弁護士として活動できるのです。

このような呼ばれ方がされる背景の一つとして、一般の弁護士にはない、検事特有の経験や知識、ネットワークを有することが挙げられます。

なお、検事から弁護士になった者が「ヤメ検」と呼ばれるように、裁判官から弁護士になった者については「ヤメ判」と呼ばれます。

ヤメ検弁護士の特徴

わざわざ普通の弁護士と区別して、ヤメ検弁護士と呼ばれるからには、他とは違う特有の強みを持つのではと考える方もいるでしょう。

この項目では、ヤメ検弁護士ならではの特徴を紹介します。

検察や裁判所の考え方がわかる

刑事事件において、検察の動きを細かいところまで把握しているのは、弁護士一筋の人材にはない強みです。

例えば、事件担当者の性格や癖などから、検察側の行動を予測することも不可能ではないでしょう

また、検事時代の経験をもとに、相手からやられて嫌な行動も身をもって知っているはずです。

クライアントから信用が得やすい

公的機関での勤務は誰にでも実現可能なわけではありません。

しかも、検事となれば司法試験合格者のなかでも、基本成績上位陣にしか門戸が開いていないのですから、なおのこと希少です。

なので、検事として働けるほど優秀であり、公的機関特有の信頼感もあって、クライアントからの信用を得やすいといえます。

刑事事件に関して高い専門知識を持つ

弁護士は基本的に幅広く法律業務を扱いますが、検事は刑事事件一本です。

なので、ヤメ検弁護士の刑事事件に関する知識量は、数いる弁護士のなかでも上位に入ると考えて良いでしょう。

ヤメ検が意外と多い理由

実は検事を途中で辞める方は意外と多くいます。

少し前まで検事総数は右肩上がりに増えていましたが、ここ数年はほぼ横ばいで、入庁する方と同数が退庁しているということです。

【検察官数の推移】

年度 検察官数
2010 1806
2011 1816
2012 1839
2013 1847
2014 1877
2015 1896
2016 1930
2017 1964
2018 1957
2019 1976

参考: 司法修習終了者の進路別人数 |日本弁護士連合会

定年以外での検事の退職者が多い理由は主に3つ。

1つは転勤が多いことです。転勤のペースはおおよそ2~3年に一度。若いうちはまだしも、ある程度年を取り、家庭を持つ年代になると、転勤による負担はかなり大きいでしょう。

2つ目は激務であることが挙げられます。国内の治安維持を担う仕事である以上、楽ではないのも当然でしょう。

3つめは、公務員であるため上命下服が原則であり、仕事の裁量が少ないことが挙げられます。

弁護士になった同期が独立やパートナー昇格で、裁量を持って仕事をしているのをみると、羨ましくなるのも仕方ないかもしれません。

ヤメ検の年収っていくら?

検事の年収は俸給ごとに異なり、一番下の区分である20号だと約372万円、一番上の検事総長で約2,470万円です(ボーナスは人事院勧告の4.45カ月分で算出)

参考:検察官の俸給等に関する法律等の一部を改正する法律|法務省

ヤメ検の年収がそれ以上になるか、ならないかはその人次第になりますが、基本的にキャリアチェンジ転職となるため、年収が下がる可能性は高いといえます。

例えば、検事時代の年収が800万円だった場合、転職直後の年は年収が100万~200万円下がる可能性も考慮しておいたほうがよいでしょう。

他方で検事として優秀なキャリアを有する人は、大手事務所から声がかかることもあり、転職で年収が上がる可能性もゼロではありません。

ヤメ検の主な転職先

ヤメ検の主な転職先は以下の通り。

  • 法律事務所
  • 大学
  • 公証人

それぞれ確認していきましょう。

法律事務所

ヤメ検の多くは法律事務所に転職します。

基本的には検事としての経験が活かしやすい刑事を専門に扱う法律事務所か、幅広く法律業務を行う総合法律事務所への転職が多いといえます。

また近年はリスクマネジメントの重要性が企業の間で高まっており、危機管理業務を担う上で、元検事の肩書きが信頼性確保に役立つと考える企業法務事務所も少なくないでしょう。

大学

大学もヤメ検が活躍できる場の一つ。

求人の数はそれほど多くはありませんが、実務で培った専門知識や経験を学生に教えたいという人にはおすすめです。

公証人

公証人役場は一時期、退官後の検事、裁判官の再就職あっせん先であるとして、世間の注目を集めました。

公証人の民間採用4人だけ 公募16年、直近5年はゼロ|朝日新聞

現在でもそうした運用は変わらず続いているようですが、基本的には定年近くまで任官していた検事向けの再就職先であり、早い時期に退職した場合は特に恩恵は受けられないでしょう。

ヤメ検が転職時にアピールすべき強み・特徴

転職活動を成功させるには、自身の強みや特徴をしっかりと伝えることが大切です。

というのも、検事の転職は必然的にキャリアチェンジになってしまうので、同職種で転職する他応募者に比べると、採用するメリットが少ないといえます。

この項目では、ヤメ検が転職時にアピールすべき強み・特徴を解説します。

専門性の高さ

検事の業務で身につけた専門性の高さは、他では関単に身につけられないものです。

転職活動の際に武器にしない手はないでしょう。

もちろん、応募先によってはそのまま伝えただけだと強みにならない可能性もあるので、応用が利かせられることをアピールする工夫も大切です。

ストレス耐性

ストレス耐性は採用側の視点にたつと、比較的に重要な部類に入る要素といえます。

採用活動には結構な時間と費用がかかるため、短期離職は採用側からみれば大きな痛手です。

なので、ストレス耐性が低そうな人材の採用は見送られがち

その点、検事の具体的な仕事内容がわからずとも、業務の過酷さはある程度想像がつくため、安心して採用しやすいといえます。

実績

民間とは業務内容が異なるとはいえ、検事時代の実績も十分アピール材料になります。

ただし実績とはいっても、転職活動で大事なのは結果ではなく過程の部分。その結果を出すために、あなたがどのような取り組みをしたのかが採用側にとっては重要です。

違う言い方をすると、検事時代の実績と同じように、新たな環境や業務においても、結果を出せるかどうか(再現性の有無)を知りたいわけです。

なので、検事時代の実績を聞かれた際に、過程の部分をしっかりと話せるように準備しておかなければなりません。

学ぶ姿勢

公務員と民間では、仕事の考えや進め方が異なる部分も少なくありません。

検事時代がいくら優秀であったとしても、新しい職場に行けば一番の新人なので、周りから学ぶ姿勢は非常に大事です。

下手に検事時代のやり方に固執し、周囲の意見に耳を貸さずにいると、職場内で孤立してしまうだけでなく、民間でのキャリア形成に必要な技能を身につけられないでしょう。

マネジメント能力

マネジメント能力も組織勤めである検事ならではの強みといえるでしょう。

マネジメントができる人材は企業からも法律事務所からも需要が高いのですが、数が少ない分、採用が困難です。

特に弁護士の場合、大半が小規模事務所勤務ですし、各々が独立して業務をこなすことが多いために、マネジメント能力が身につけずらい環境といえます。

検事としてある程度のキャリアがあれば、マネジメントの経験が多少なりともあるかと思うので、転職活動では積極的にアピールして損はないでしょう

ヤメ検におすすめの転職エージェント

ヤメ検の転職活動においても法曹資格を活かさない手はありません。

となると、的確なアドバイスを得るためにも、士業特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

この項目では、ヤメ検におすすめの士業特化転職エージェントを紹介します。

NO-LIMIT

no-LIMIT

弁護士の転職支援に特化したサービスです。サービス提供から日は浅いものの、現時点で約350の求人を保有しており、サポート内容にも利用者の方から高く評価いただけております。

業界事情に精通したキャリアアドバイザーが、求職者一人ひとりに合わせて適切な転職サポート・アドバイスを無料で行いますので、ぜひご利用してみてください。。

検事(検察官)経験者の転職支援サービスに登録

MSjapan

MS-japan_評判

高い知名度と実績を誇る士業特化の転職エージェント。

30年以上の運営実績で培われた転職ノウハウや独自ネットワークを活かしたサポートが魅力のサービスです。

弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムキャリア

弁護士ポータルサイトで有名な「弁護士ドットコム」が運営する転職エージェント。

集客支援で構築した広大な情報網や業界内外での圧倒的な知名度による信用が強みです

まとめ

元検事の弁護士を「ヤメ検」と呼ぶのは、弁護士一筋の人材とは異なる特徴があることの影響が大きいといえます

【ヤメ検弁護士の特徴】

  • 検察や裁判所の考え方がわかる
  • クライアントから信用が得やすい
  • 刑事事件に関して高い専門知識を持つ

しかし、近年ではヤメ検弁護士の数もかなり増えており、現在ではそれほど物珍しくはないでしょう。

もし検事をこれから辞めようと考えている人は、元検事の肩書きだけではブランディングにならないので注意が必要です。

もちろん、検事の仕事で身につけた専門性や実績は評価されるので、転職活動では存分にアピールしていくとよいでしょう。

       

この記事の執筆者

『NO-LIMIT(ノーリミット)』は、弁護士・企業法務に関わる方を専門とした求人紹介を行っています。弁護士の転職市場について知りたい、まずは情報収集から始めたい方、弁護士としてキャリアアップ転職を検討している方は、お気軽にご相談ください。

【5月新着求人多数】転職支援サービスに登録する

弁護士のキャリアに「限界」を作らせない、業界特化ならではのサポートをお約束します。

  • 1

    FIRST

  • 2

    STEP 1

  • 3

    STEP 2

  • 4

    STEP 3

  • 5

    LAST

1/5

FIRST

FIRST
重要視するポイントを選択してください。

今回の転職で重視するポイント必須

戻る
STEP 1
現在の所属先・転職希望時期を選択してください。

現在のご所属必須

転職希望時期必須

STEP 2
性別・希望年収を教えてください。

性別必須

希望年収任意

STEP 3
生年月日・氏名を教えてください。

生年月日必須

氏名必須

個人情報の厳守は徹底いたします。
許可なく先方の
法律事務所・企業にお伝えすることはありません。
また、現在の職場には情報が伝わる事も一切ございません。

LAST
ご連絡先を入力してください。

電話番号必須

メールアドレス必須

利用規約

株式会社trient(以下「弊社」といいます。)は、本サイト及び本サービスの利用に関し、弊社及び利用者が遵守すべき事項として、以下のとおり利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます。

第1条(適用範囲)

1. 本規約は、弊社が運営・管理するNO-LIMIT(以下「本サイト」といいます。)及び本サービスの利用者(以下「求職者」といいます。)に適用されます。
2. 求職者は、あらかじめ本規約に同意して、本サイト及び本サービスを利用するものとします。

第2条(サービスの内容)

求職者が本サイトや弊社内の求職者対応者(以下「エージェント」といいます。)を通じて利用できるサービス(以下「本サービス」といいます。)は以下のとおりとします。

1. 本サイト上で掲載される求人企業又は提携事業者(本サービスを提供するにあたり弊社と提携した事業者及び弊社と取引関係、業務委託関係又は提携関係のある事業者を指すものとし、求人企業と併せて、以下「求人企業ら」といいます。)の情報、コラム、その他情報に係る検索、閲覧サービス。
2. 本サイトでの会員登録又は提携事業者からの紹介を通じて受けられる、カウンセリング、求人企業への紹介等の転職サポートサービス。
3. その他前各号に関連・付随するサービス。

第3条(利用料)

弊社は求職者による本サイト及び本サービスの利用に関し対価を請求することはありません。なお、本サイト及び本サービスを利用するためのインターネット通信費用その他の費用については、求職者ご自身がご負担下さい。

第4条(入会・審査)

1. 求職者が本サービスを利用する際は、弊社の用意する申込手段で会員登録を行う必要があります。
2. 弊社に故意又は重大な過失がある場合を除き、会員登録を希望する求職者(以下「会員登録希望者」といいます。)が次の各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると弊社が判断した場合、弊社は当該会員登録希望者からの申込みを承諾しないことがあります。この場合、弊社は拒絶の理由に関し一切の説明義務及び損害賠償義務を負いません。
1. 前項に定める申込みに不備(虚偽、誤記、記入漏れを含むが、これらに限りません。)がある場合
2. 会員登録希望者が重複して会員登録の申し込みを行った場合
3. 会員登録希望者が過去に本規約違反等をしたことにより、会員登録の抹消、会員資格の利用停止などの措置が行われたことがある場合
4. 会員登録希望者が暴力団等反社会的勢力(本規約において別途定義します。)と関係を有し、又は公序良俗に反する事業を自ら行っている場合
5. 会員登録希望者が本サービスと競合するサービスを運営する企業・団体に所属し又は自ら運営し、本サービスの業務内容を調査する目的で登録する場合
6. その他、会員登録希望者を会員登録することが不適切であると弊社が判断した場合
3. 会員登録の際に登録した情報に変更が生じた場合、会員は弊社所定の方法により速やかに当該情報の変更を行うものとし、当該情報の変更を行なわないことにより会員に生じた損害について、弊社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(会員登録の解除・利用停止等)

1. 弊社は、本規約の定めに従い会員登録を行った求職者(以下「会員」といいます。)が次の各号のいずれかの項目に該当する場合、会員に対して事前に通知することなく、会員登録の解除もしくはその利用を一時的に停止させることができるものとします。
・本規約のいずれかに違反したとき
・本サービスの運営を妨害したとき
・自らまたは第三者を利用して暴力、威力等により弊社に対し、不当な要求をしたとき
・合併、事業譲渡、破産、民事再生、会社更生、差押え、支払不能、信用不安、労働争議等、会員の経営環境に大きな変化が生じた時
・他の会員や第三者への批判、誇大広告等、広報活動上望ましくないと、弊社が判断する行為又は言動を行った時
・閲覧者、会員の信頼を著しく損なうような行為を行ったとき
・法令違反、反社会的行為又は公序良俗に反することを行ったことにより会員としてふさわしくないと弊社が判断した時
・閲覧者、会員より弊社に対して会員に関する苦情・問い合わせがあり、弊社が会員として不適切だと判断した時
・資格停止、行政処分、民事訴訟、刑事告発や捜査などを受け、又は会員に社会的問題が生じる等、弊社が会員として不適切だと判断した時
・登録情報、申告情報、掲載情報、発信情報に虚偽があった時
2. 弊社は、本人確認が必要と判断した会員に対し、身分証明書等の提出等を求めることができるものとします。本人と確認できない場合、会員登録の解除もしくはサービスの利用を一時的に停止させることができるものとします。

第6条(禁止事項)

求職者は、本サービスの利用にあたり、次の各号の行為を行ってはならないものとします。

・本サービスの提供する情報(全部、一部を問いません)を、弊社の事前の同意なしに、複写もしくはその他の方法により再生、複製、送付、譲渡、頒布、配布、転売又はこれらの目的で使用するために保管する行為
・本規約に違反する行為
・他人の知的財産権を侵害する行為
・他人のプライバシーを侵害する行為
・他人の名誉・信用等を侵害する行為
・公序良俗に反する行為
・犯罪的行為又は犯罪的行為に結び付く行為
・事実に反した情報及び架空の情報を提供する行為
・研究・学術調査を目的として情報を提供する行為
・政治活動、宗教活動及びこれらに類似する活動を目的として情報を提供する行為
・本サイト又は本サービスの評価・名声・機能を失墜、低下、毀損させるものとして、弊社が不適切と判断する行為を行うこと
・前各号のほか、弊社又は第三者に損害、損失及び費用(以下「損害等」といいます。)又は不利益を与える可能性のある行為を行うこと

第7条(退会)

1. 会員は、弊社所定の退会手続きを行うことにより、いつでも本サービスの退会(会員登録の抹消)をすることができます。会員は退会手続きを行った場合、弊社が運営する全サービスの利用資格を失います。
2. 会員は退会手続きが完了した場合でも、自ら投稿した本サービス内のコンテンツへの投稿内容は削除されないことを予め承諾するものとします。

第8条(本サイト及び本サービスの変更・停止・終了)

1. 弊社は、求職者による本サイト又は本サービスの利用が本規約に違反すると認めた場合、事前の告知なく、当該求職者による利用を一時的又は永続的に停止することがあります。
2. 前項の場合において、弊社の講ずる措置により求職者に損害等が生じた場合であっても、弊社に故意又は重大な過失がある場合を除き、弊社は当該損害等について一切の責任を負いません。求職者は、弊社による当該措置に関し損害等が生じた場合であっても、弊社に対して何ら請求することはできません。

第9条(免責等)

1. 弊社は、本サービスに関して求職者に生じた損害について、弊社に故意又は重過失が認められる場合を除き、責任を負わないものとします。
2. 求職者は、本サービスの利用に関し、他の求職者又はその他の第三者からの損害賠償請求、クレーム等の紛争が生じた場合には、自己の責任と費用において解決するものとします。
3. 前項に定める紛争について、弊社が費用を負担し、他の求職者又はその他の第三者に損害賠償等の支払いをした場合には、求職者は、弊社に対し当該費用等に相当する金額を支払うものとします。
4. 弊社が何らかの理由により求職者又は第三者に対して責任を負う場合であっても、弊社に故意又は重過失がある場合を除き、それらの責任に基づく損害賠償額はいかなる場合でも金1万円を上限額とすることに、弊社及び求職者は予め合意します。なお、求職者は、求職者がこの上限額の定めに同意しない限り弊社が本サービスを提供しないことを十分に理解の上で、予め同意し承諾するものとします。

第10条(反社会的勢力の排除)

1. 本サイト本サービスの求職者は、反社会的勢力(次項で定義します。)に所属、該当又は関与していないことを当社に表明かつ保証し、将来にわたっても反社会的勢力に所属、該当又は関与しないことを当社に表明するものとします。
2. 前項に定める「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含みます。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団をいいます。
3. 弊社は、一般利用者が反社会的勢力に所属、該当又は関与していると判断した場合、当該一般利用者に事前に通知を行うことなく、当該一般利用者の本サイト及び本サービスへのアクセスを禁止し、登録を抹消し、当該一般利用者が行った書込み等の削除等の措置を講じることがあり、当該措置に関する責任を一切負わないものとします。

第11条(知的財産権)

本サイト及び本サービス並びにこれらを通じて掲載又は投稿された内容に係る著作権、商標権、特許権、その他知的財産権(以下「知的財産権等」といいます。)は、弊社に帰属するものとし、求職者は何ら権利を取得することはありません。また、求職者が、本サービスを通じて投稿した内容について知的財産権等が生じる場合であっても、弊社は著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、商標権、特許権、その他知的財産権を取得するものとし、当該投稿内容に関する著作権に関して求職者は著作者人格権を行使しないものとします。

第12条(個人情報保護指針)

弊社は、本サイト又は本サービスを通じて求職者から取得する個人情報について、個人情報の保護に関する法律その他関係法令に従い取り扱うものとします。なお、具体的な個人情報の取扱いについては、弊社の定めるプライバシーポリシーに従うものとします。

第13条(損害賠償)

求職者による本規約違反により弊社に損害等が生じた場合、一般利用者は弊社に対し損害等の一切を賠償する義務を負います。

第14条(規約の変更)

弊社は、事前の告知なく、本規約を変更する場合があります。求職者による当該変更後の本サイト又は本サービスの利用行為については、変更後の規約が当然に適用されるものとします。

第15条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、当該部分を除く本規約の他の条項、及び一部が無効又は執行不能と判断された条項のうち分離可能な残りの部分は、継続して完全にその効力を有するものとします。

第16条(準拠法・管轄)

本規約は日本法に準拠します。一般利用者と弊社との間の全ての紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

プライバシーポリシー

当社は、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、本人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。

また、以下に示す方針を具現化するための個人情報保護マネジメントシステムを構築し、最新のIT技術の動向、社会的要請の変化、経営環境の変動等を常に認識しながら、その継続的改善に、全社を挙げて取り組むことをここに宣言します。

個人情報の取得、利用、提供
当社は、個人情報の利用目的を事業の範囲内で特定し、目的達成のために必要な限度で公正かつ適正に個人情報を取得、利用および提供を行います。また、取得した個人情報の目的外利用は行いません。

法令・規範の遵守
当社は、当社が取得した個人情報の取扱いに関し、個人情報の保護に関する法律、個人情報保護に関するガイドライン等の指針、その他個人情報保護に関する関係法令を遵守します。

個人情報の適切な管理
当社は、個人情報の保護に関して、組織的、物理的、人的、技術的に適切な対策を実施し、当社の取り扱う個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとします。また、万一の際には、速やかに是正措置を講じます。

問い合わせへの対応
個人情報取扱いに関する苦情及び相談に対しては、迅速かつ誠実に、適切な対応をさせていただきます。

継続的改善
個人情報保護マネジメントシステムは、当社を取り巻く環境の変化を踏まえ、適時・適切に見直してその改善を継続的に推進します。

個人情報の取扱いについて
当社が提供する各サービス(以下、総称して「本サービス」といいます。)を利用されるユーザーの皆さまの個人情報について、次のとおり取り扱います。
本サービスの内容は、以下の通りになります。但し、当社の判断により、内容が追加または変更される可能性があります。

1. 弁護士向けの求人広告の募集及び掲載
個人情報の取得
当社は、個人情報を業務上必要な範囲において適法かつ適正な手段により取得します。

個人情報の利用目的
当社が取得する個人情報の利用目的は次の通りとし、ご本人の同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、他の目的での利用は行いません。

1. 本サービスの運営、維持、管理
2. 本サービスのユーザーに対する当社のクライアントからの就職、転職に関する通知等の送付
3. 本サービスを通じた当社サービスの提供又は紹介
4. 本サービスの品質向上のためのアンケートの実施
5. その他1~4に関連付随する目的として、当該目的の達成に必要な範囲内で行うもの
個人データ処理に関する委託
当社は、業務を円滑に進め、より良いサービスを提供するため、個人データの取扱いの全部又は一部を外部に委託する場合があります。委託にあたっては、その適格性を十分に審査し、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行うこととします。また、委託する個人データは委託業務の遂行に必要最小限の情報に限定します。

個人データの第三者提供
当社は、ご本人の事前同意がある場合、その他次に定める場合を除き、個人データを第三者に提供いたしません。

1. 本サービスの提供に関して、求人企業等に対して開示する場合
2. 前項に定める委託を行う場合
3. 法令等で認められている場合
4. 当社の株式の譲渡、合併等の組織再編行為、事業譲渡その他これらに類する取引の実行及びこれに先立って行われる調査や交渉に際して開示する場合
Cookieその他の技術の利用
Cookieとは
Cookieとは、ブラウザによって本サイトにアクセスした際に生成されるテキストファイルであって、IPアドレスや端末情報、本サイトでの行動履歴等、個人情報が含まれないユーザー情報の一部をいいます。

アクセス解析サービスの利用
本サイトにおいてはサービス向上並びにサイトの計測のためGoogle, Inc.が提供するGoogle Analyticsを利用しております。これに伴い、CookieがGoogle, Inc.に送信されることがあります。本サイトのユーザーは本サイトを利用することで、上記方法や目的においてGoogle, Inc.が行うこのようなデータ処理につき承諾したものとみなします。詳細については、以下のページにアクセスして確認ください。

・Google:https://www.google.com/intl/ja/policies/privacy/partners/

行動ターゲティング広告
本サイトでは適切な広告配信を本サイトのユーザーに行うため、行動ターゲティング広告を利用しております。これに関し、提携先の第三者の発行するCookieによる行動情報の取得・利用が行われる場合があります。当該第三者のCookieの詳細及び取得される情報は、当該第三者のプライバシーポリシー等の取決めに従って取り扱われます。当該第三者のCookieを介した広告配信の無効化をご希望の場合は、下記の当該企業のサイトないし当該企業へ問合せのうえ、無効化してください。
・Google
https://www.google.com/settings/u/0/ads/authenticated

・Yahoo(プライバシーポリシー)
http://docs.yahoo.co.jp/docs/info/terms/chapter1.html

・Facebook
https://www.facebook.com/ads/preferences

・twitter
https://twitter.com/settings/your_twitter_data

・Instagram(データに関するポリシー)
https://ja-jp.facebook.com/help/instagram/155833707900388

お問い合わせ
当社で保有している開示対象個人情報に関して、ご本人様又はその代理人様からの利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の請求(以下「開示等の請求」といいます。)につきましては、下記の相談窓口をご利用ください。

株式会社trient
東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH304
info@trient.co.jp

株式会社trient
代表取締役社長 横尾 謙佑
制定 2020年 3月25日
改定 2020年7月28日
改定 2020年8月03日