弁護士転職体験談

 

地方の一般民事法律事務所から、東京のインターネットメディアを運営する、ベンチャー企業のインハウスに転職した弁護士に、実際の転職体験談をお聞きしました。

 

転職のきっかけ

結婚し、家族ができたことです。転職前は法律事務所に勤務していましたが、やはり労働時間は長く、平日は夜遅い時間まで、土日祝日も仕事をすることが度々ありました。結婚し、家族ができたことで、家族との時間を増やしたいと考えるようになりました。

インハウスを目指した理由

法律事務所では一般民事を中心に扱っていたのですが、全く違う仕事も経験してみたいという思いが強く、企業法務を扱えるインハウスを目指しました。

また、企業法務を扱うなかで、どんなところに法務の需要があるのか、会社の中にいた方がよく分かるのではという考えもありました。

加えて、私は会社勤めの経験もなかったため、そもそも会社勤めがどういうものなのか、興味があったというのも理由の一つです。

転職時に重視していたこと

ワークライフバランスがとれそうかという点はもちろんですが、会社が扱っている業務に興味を持てそうか、という点は重視しました。

企業法務として契約書レビュー等をするにしても、各契約は会社に必要な業務のために締結されるものであるので、その業務内容に興味を持てないと、仕事に面白みを感じられないのではと考えていました。

なぜ転職エージェントを使ったのか

既にインハウスで活躍していた知合いの弁護士から、転職エージェントを使って転職したと聞いたからです。

インハウスへの転職については、求人情報は少ないと思われますし、そもそもどうやって情報を入手すればよいかもわからない状態だったので、知合いの情報に頼るほかありませんでした。

これから転職しようと思う弁護士に向けて

弁護士の仕事の仕方に決まった答えはありません。仕事は自分のライフプランに合わせてどんどん変えていってよいと考えています。

また、職場を変え、仕事仲間を変えることは、自分に新しい視点と価値観を与えてくれます。いろいろと模索して、その過程を楽しみながら、自分に合う仕事を見つけていかれるのがよいのではないでしょうか。

『NO-LIMIT(ノーリミット)』は、弁護士専門の転職サービスです。弁護士業界に詳しいキャリアアドバイザーが面談で詳しく伺い、一人ひとりの強みを引き出すお手伝いをします。

また、事務所・企業内の内情だけではなく、面接で重視されるポイントや履歴書の添削、どのような人がプラス評価・採用されているかなどの情報をお伝えすることも可能です。

転職活動に迷ったら、まずはNO-LIMITにご相談ください。