初めて転職される方へ

弁理士として大手特許事務所や法律特許事務所に勤めているが、中堅・中小特許事務所へ転職すると、業務内容にどのような違いがあるのか、実はご存知ない方も多いかと思います。また、弁理士として企業の知財担当として転職を希望しているが、特許事務所から企業へ移籍した際、働き方にどのような違いが生まれるのか、給与面や待遇面の差について、昨今の転職市場がどのように変化しているのかなど、転職前に知っておきたい情報もなく、お困りの先生もいらっしゃることでしょう。

当社では弁理士業界専門の転職支援サービスを提供しており、コンサルタントがあなたの知りたい事や転職にまつわる事をしっかりサポート致します。また、転職コンテンツも多数公開しておりますので、特許事務所の求人を探すだけではなく、これからの転職活動を進めていく上で、必ずお役に立つと思います。

あわせて読みたい
弁理士(特許事務所/知財)特化の転職エージェントおすすめ5選と転職成功のポイント 技術大国の日本では弁理士の果たす役割が大きく、特許事務所や大手企業などでは優秀な弁理士を探しています。 とはいえ専門性の高い弁理士は大量募集することがないため...

当社のエージェントサービスにご登録いただいた場合、求人のご紹介だけで無く、今までのキャリアの棚卸しや応募先にアピール出来る職務経歴書作り、面接日程の調整や内定後の条件交渉等、転職に必要な作業をあなたと二人三脚でお支えます。

書類通過率90%の書き方支援

当社は弁護士専門の転職エージェントとして2020年にスタートし、約2年間で900名以上の転職支援実績がございます。その経験で培った書類選考対策が好評で、コンサルタントによる書類添削後の突破率は90%以上となっています。その理由の一つは、採用側が求めているスキル・人物像を的確に把握しているのはもちろんのこと、企業先でも顕在化していないニーズを掘り起こすことで、採用側の「まずは会ってみよう」という判断を後押ししてるのも大きなポイントです。

そのため、早期に面接の機会を設けることができ、ミスマッチのない選考機会を得ることができます。特許事務所・知財業界での仕事においては、「正確性」や「的確な記述」が求められます。書類作成のポイントや添削を通じ、応募書類の限られたスペースの中で最大限のPRができるようサポートさせて頂きます。