パラリーガル(法律事務職員)に向いている人の特徴8つとなり方・持っておくと有利なスキルまで

パラリーガルとは、弁護士業務をサポートする役割です。たくさんの案件を抱える弁護士にとって、パラリーガルのサポートは業務を円滑に進めるためにも非常に大切です。

法律に携わる仕事がしたくて「弁護士は難易度が高いけど、パラリーガルだったら挑戦できるかも」と考える方には最適な仕事といえるでしょう。

パラリーガルに向いている人はどんな人なのか、パラリーガルになりたいならどんなスキルを身につけるべきかを紹介します。

パラリーガルの基本的な知識|仕事内容と秘書との違い

パラリーガルの仕事内容とは

パラリーガルの仕事内容は多義に渡り、弁護士のさまざまな業務をサポートする弁護士補助を行います。具体的には以下のような仕事を行います。

  • 弁護士が相談者から法律相談を受ける前にヒアリングを行う
  • 法律相談に同席し、相談内容を記録
  • 法律・判例・文献などの調査
  • 訴状・陳述書などの書類作成補助
  • 裁判に同席して内容を記録
  • 債務整理で相手方との調整
  • スケジュール・案件管理や調整
  • M&Aのデューデリジェンス補佐
  • 官公庁への問い合わせ
  • 現地調査のレポート作成

このようにパラリーガルには、一般的な会社員と比べると法律知識が必要な専門的な業務を任されることになります。しかし、これらの業務は弁護士の監督下で行われることが大前提となっているのです。

弁護士法では、「弁護士でない者が報酬を得る目的で法律事務を取り扱うことはできない」と定めており、パラリーガル単独で法律相談、報酬額の決定、弁護士の監督がない状態での書面作成・交渉などはできないことになっています。

このように、自分の意思で動くことは少なく、基本的には弁護士のサポート的な業務を行うことになるのです。また、将来的に弁護士になることを目指しながら、実務を通して法律に触れるためにパラリーガルとして働く方もいます

パラリーガルの仕事内容とは?年収やキャリアプラン、転職したい場合の選択肢

パラリーガルと弁護士秘書との違い

弁護士秘書は、パラリーガルとは異なり一般的には法律に関する知識がなくても働くことができます。具体的な仕事内容としては、弁護士のスケジュール管理・調整、電話対応、書類のコピーやファイリング、裁判所への書類提出などです

弁護士・パラリーガル・弁護士秘書がチームとなり連携しながら一つの案件に取り組んでいくことになります。

大きな事務所ではパラリーガルも弁護士秘書も両方雇われることがほとんどですが、中小事務所の場合はそうとは限りません。弁護士が自分で書類作成などを一からしたいというスタンスの場合には、パラリーガルを雇わずに弁護士秘書だけを雇う場合もあります。

逆に、弁護士秘書は雇わずに、本来弁護士秘書に依頼するようなスケジュール調整や書類整理などをパラリーガルにさせることもあるでしょう。このように中小事務所の場合はパラリーガルと弁護士秘書の業務内容が曖昧になることも多いです。

パラリーガルに向いている人の特徴8つ

パラリーガルに向いている人はどんな人なのでしょうか?

勉強熱心である

法律は毎年のように法改正が行われるので、その情報をきちんとキャッチアップしていくことが必要です。

どんな法改正が行われたのか、その影響はどんな風に出るのかというところをきちんと勉強して、自分の中に落とし込んだうえで業務に取り組むのが大切といえます。

守秘義務を守れる

法律相談については絶対に外部に漏らしてはいけません。万が一情報が漏れればクライアントに不利益が被ることになり、法律事務所に損害賠償請求をされる可能性が出てきます。

そのため、仕事で知り得た情報は守秘義務があることを意識して仕事をする必要があります。

サポートをするのが好き

パラリーガルは自分が先頭に立って動くということはほとんどなく、担当する弁護士から仕事を受けることになります。そのため、人をサポートするのが好きという人に向いているでしょう。

気配りができる人

パラリーガルは弁護士に気配りをしながら仕事を進めることを求められます。多忙な弁護士の場合、スケジュールギリギリまで案件に取り組めなかったり、指示がされなかったりすることもあるでしょう。

そんな場合には自分で弁護士に対して「この案件は〇〇しておいた方が良いですか?」など聞けると弁護士も指示しやすくなります。

声かけ一つで仕事のやりやすさは変わりますので、このような気配りが自然にできる人はパラリーガルに向いています。

コミュニケーション能力がある

気配りができる人と似ていますがコミュニケーション能力も大切です。パラリーガルはクライアントと弁護士の間に入ることもあるので、両方の意図を汲み取りながら上手く仕事を進められるようにする必要があります。

コミュニケーションが少ないとミスリードして意図していない方向へ向かってしまうこともあるので、理解しにくいことがあればきちんと質問をするなどして本質を捉えていくことが大切です。

また、仕事上で多くの人と関わりが増えるほど報連相が大切になります。自分が得た情報を案件に携わる人にきちんと伝えていくことも忘れてはいけません。

精神的にタフであること

パラリーガルは精神的にタフであることも必要です。難しい案件に取り組む場合は、何日も調査に時間がかかり、残業が続くこともあるでしょう。

また、クライアントが離婚や債務整理など人生において絶望的な状況で相談に来た場合は、キツい言葉をぶつけられることもあります

そのため、大変な状況でも自分の仕事を全うできるような強さが求められます。

マメで調整が得意

弁護士が何件も案件を抱えている場合は、クライアントとのスケジュール調整もパズルのように組み合わせていく必要があります

日程調整があれば、それまでに必要な資料を早めに用意するなど、臨機応変な対応をしなければいけません。そのため、マメにスケジュール・案件管理や調整ができる人が向いています。

弱者の気持ちに寄り添えること

法律相談に来る人はいろんな人がいますが、社会的弱者の人も多いです。

このような人の気持ちを理解し、寄り添えるような人材がパラリーガルとして理想であり、ヒアリングをする時には配慮をする必要があります。

たとえばDVで離婚を考える人に一方的に質問をするのは傷をえぐることになるでしょう。そのため、相談者の気持ちも考えながら、一緒に情報整理していくような気遣いも必要です。

インタビュー記事

参考:インタビュー記事

パラリーガルに向いていないのは?

パラリーガルは弁護士・クライアント・裁判所などたくさんの人とコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があるので、そもそも人と話すのが好きではなく、黙々と事務仕事をしたいような人には向いていません

特にクライアントや裁判所など外部とのコンタクトも多くなるので、サポート業務とはいっても内部だけで完結すると思っているとパラリーガルになってからギャップを感じてしまうでしょう。

引っ込み思案で多くの人と会話するのが苦手な場合はパラリーガルを目指すのは止めておいたほうが良いかもしれません。

パラリーガルになる3つの選択肢

パラリーガルになるには、法律事務所に就活や転職活動を行い採用される必要があります。パラリーガルとして採用されたら弁護士や先輩パラリーガルから指導を受けながら業務を覚えてキャリアを積み上げて行きます。

法律事務所への直接応募・転職サイトの利用

パラリーガルになるには、基本的には法律事務所で働くことです。最近は転職サイトでもパラリーガルの求人が出ていますので、転職サイト経由での応募か、法律事務所の採用ページから応募することで、パラリーガルへの道を開くことができるでしょう。

法律事務所専門の転職支援サービスを利用

NO-LIMITのパラリーガル専門の就職支援サイト『アスパラ』の強み

明日からあなたもパラリーガルに」をコンセプトにした私たちは、法律事務所で働きたいパラリーガル専門の転職支援サービスを行なっています。メインは、弁護士向けの転職支援を行なっていますが、法律事務所の採用支援を同時に行う関係上、「パラリーガルの方も紹介して欲しい」というご要望は多く頂いています。

アスパラ

パラリーガルになりたいとは思っていても、あまりなじみのない法律事務所という組織。一般的な株式会社とは違い、『正社員雇用ではない』『社会保険が無い』『福利厚生が薄い』など、一般企業なら当然あるべきものが無いケースも多々あります。

私たちは求職者ファーストをモットーに転職支援を行なっていますので、法律事務所の求人を紹介出来るだけではなく、その事務所が実際にはどのような体制で、どういった条件での待遇なのか、雇用者に親切な事務所求人のみを紹介できるのが強みです。

▶︎パラリーガル専門の求人紹介サービス

アスパラの弱み

一方で、私たちはニッチな業界の人間なので、多くの求人数を紹介できません。あえて同業他社を紹介するとしたら、『doda』は業界No. 1の求人保有数を誇っているため、案件紹介数は私たちとは比べもにならないでしょう。

dodaは法律事務所の求人も掲載していますが、内情までは把握していないという点では私たちに先見の明がありますが、多くの中から選べるという選択肢の多さも魅力ではありますので、見比べならがご判断いただければと思います。

パラリーガル認定資格講座を受講する

3つ目の選択肢は、AG法律アカデミーが行う『パラリーガル認定資格講座』を受講し、パラリーガル認定資格を取得することです。国内唯一のパラリーガル資格として、

  • 「事務職で転職に強い専門スキルを身につけたい」
  • 「法律事務所に入ってから,チンプンカンプンな目にあいたくない」
  • 「できる限り効率よくパラリーガルスキルを身につけたい」 など

毎年100名を超える法律事務未経験者が、パラリーガルになることを目指してAGで学び、パラリーガル資格を取得しています。

AG法律アカデミー受講のメリット

パラリーガル資格講座を修了された方の多くは、東京・大阪の法律事務所をはじめ、関東や関西以外でも札幌・名古屋・福岡など全国各地の法律事務所に就職、即戦力のパラリーガルとして迎えられ、活躍しています。

また、特筆すべき点としては、未経験者の法律事務所への就職内定率は81.3%(R2年1月時点)が挙げられます。受講者はAG法律アカデミーからの事務所の求人紹介も受けられるため、トータルサポートが魅力です。

資格講座の無料説明会に参加する

パラリーガルには経験がなくてもなれるのか?

必須の資格などはない

パラリーガルになるために必須な資格はないので、法律事務所に採用さえしてもらえれば未経験でもパラリーガルになることはできます。基本的には法律に関する難しい案件を取り扱うことになるので、大卒以上が条件となることが多いようです。

特に5大法律事務所と呼ばれる大手法律事務所などでは、高学歴で法学部出身であるほど採用は有利になるでしょう。

全く法律知識がないの場合、採用率が低いのは事実

未経験でもパラリーガルに転身したという方もいらっしゃいます。ただし、全く法律知識なしで採用されるのは難易度が高いです。未経験でも「パラリーガルとして転職したい」という場合には、「パラリーガル認定資格」の取得がおすすめです。

パラリーガル認定資格は就職に活きる

パラリーガル認定資格は民間資格ではありますが、法律事務所内での知名度は高く、この資格を取得していると未経験でも採用されやすい傾向にあります。資格取得に向けて講義を受講することになるので知識のストックがきちんとできます。

実際にこの資格を取得したことにより、40代業界未経験でパラリーガルとして採用されたという方もいらっしゃいます。レベルは3つに分かれているのですが、初級のエレメンタリー・パラリーガルを取得しておけば対外的にも基本的な法律知識があるというアピールができるでしょう。

パラリーガルのやりがい

パラリーガルのやりがいは、弁護士と協力しながら法律に悩んでいるクライアントに対するサポートができることです。さまざまな案件がありますが悲壮感漂う状態で相談に来たクライアントが、裁判に勝訴して笑顔になり、感謝される瞬間は大きなやりがいだと感じる人も多いのではないでしょうか。

また、弁護士に自分の仕事ぶりを褒められ、次の案件では任される範囲が広くなる時にも「自分の仕事が認められた」とやりがいに感じるでしょう。

パラリーガルは表立て仕事をするわけではないので、目立つ職業とはいえません。しかし、地道に仕事を頑張ることで評価されることも多いです。

パラリーガルになるために身につけたいスキル6つ

最後にパラリーガルになるために身につけたいスキルについて紹介します。

最低限の法律知識

パラリーガルは、一般企業の事務職とは異なり法律知識が必要です。そのため、法学部出身者が採用で有利になることは間違いありませんが、法学部出身者以外でもパラリーガルになることができます。

ただし、全く法律知識がない人をパラリーガルとして雇う法律事務所はかなり少ないです。基本的な法律知識を身に付けるためにも独学で勉強したり、パラリーガル認定資格を取得したりすることをおすすめします。

事務処理能力

パラリーガルは事務処理能力が非常に大切です。たとえば、判例の調査では、たくさんの判例から依頼された案件に近いものを探し出しまとめていきます。相談者との面談や裁判では記録係となり、必要な情報を簡潔にまとめることが求められます。

普段からどの情報が必要か精査したり、簡潔にまとめたりするトレーニングが必要です。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力もパラリーガルには非常に大切です。コミュニケーションでは、質問力を高めて相手にどんどん話しやすい状況を作り出すことが大切です。どんな人とも円滑にコミュニケーションが取れるように、どう質問すれば相手が話しやすくなるかを考えながら会話するようにしましょう。

ある程度のPCスキル

パラリーガルはPCを使うことが多いです。Microsoft Officeのワード、エクセル、パワーポイントの利用は必須でしょう。PCスキルに自信がないのであれば、パソコン教室に通い、PCスキルを測る資格であるMOSを受験するというのも一つです。

調整能力

パラリーガルは、弁護士・クライアント・裁判所との間に入り、案件やスケジュールの調整をすることになります。たとえば、日程変更があった場合にはすぐにクライアントや裁判所へ連絡して予定を押さえて、弁護士に報告することが必要です。それだけではなく、裁判などの予定が早まった場合には資料作成など内部的な事務の管理も調整していく必要があります。

また、同時に何件もの案件に取り組むこともあるので、優先順位を決めながら案件をこなしていくことも大切です。臨機応変さを身につけ、調整能力が高くなるとパラリーガルとして上手く仕事を回すことができるでしょう。

語学力

大手法律事務所で海外案件を取り扱う場合には、資料を英語で用意する必要があります。そのような場合に、法律知識だけではなく語学力もあると重宝される存在になれるでしょう。

パラリーガルとして国際的な案件に携わりたいと思うのであれば、TOEICで高得点が取れるように勉強しておくと良いでしょう。

まとめ

パラリーガルは弁護士のサポート業務を行うことになりますが、弁護士秘書とは異なり高い法律知識が必要となります。そのため法学部出身者がパラリーガルを目指すことがほとんどですが、資格がないので未経験でもパラリーガルになることもできます。

パラリーガルは、弁護士・クライアント・裁判所などの間に入るので、コミュニケーション能力の高さは必須です。また、多忙な弁護士と一緒に仕事をする場合にはスケジュールや案件の管理・調整能力も求められます。

難しい案件を受任すると、調査や資料作成で残業が増えるなど大変なこともありますが、クライアントに感謝されたり弁護士に仕事ぶりを認められたりすると大きなやりがいとなります。

関連記事

TOP
TOP