パラリーガルの魅力

パラリーガル

K.Tさん

パラリーガル歴2年

元気で晴れやかな雰囲気に変化していくのを感じる瞬間に、とてもやりがいを感じます

QUESTION1

法律事務所に入所(転職)しようと思った理由は?

実は、当事務所の相談者だったのです(笑)
元々は法律とか弁護士とか毛頭興味が無くて、私には一生関わりのない堅苦しそうな敷居の高い世界だと思っていました。そんな自分が、詳細は字数が足りずお話出来ませんが諸々トラブルに巻き込まれてしまい(笑)

なんとか自分で解決しなければと奮闘していた時に、とある方から一度相談してみるべきだと背中を押され、電話したのが今の代表でした。いざお話してみると、とにかくイメージしていた弁護士とはかけ離れた感じで(笑)

だけど本当に自分の話をよく聞いてくださって、家族や友人にも相談する勇気も出なくて八方塞がりで不安で、どうしようもない中にいた自分に陽の光が差したようでした!そこで、うちで働いてみないかとお誘いいただけた経緯もあり、入所しようと思いました。

QUESTION2

パラリーガルとしてのやりがいはどんなところに感じていますか?

私の業務は、パラリーガルとしていうよりも「インサイドセールス」という、当事務所へご相談頂く方々の最初の窓口全般を担っております。

毎日あらゆる分野の悩み事を抱えられたあらゆる人たちから、何十件ものご相談をいただくのですが、皆さまどうしても負のオーラをひどく発生させながらお話される方ばかりなのです。泣いていたり怒っていたりひどく落ち込んでいたり、最初にお話する私たちは、弁護士でもない為にただお話に耳を傾け寄り添うことしかできませんが、一刻も早く、元気で安心できる生活を取り戻してほしいという一心で対応させていただきます。

そんな相談者様たちが、うちの自慢の弁護士の先生たちの導きによって、お会いするたびに、或いは電話口でお声を聞くたびに元気で晴れやかな雰囲気に変化していくのを感じる瞬間に、とてもやりがいを感じます。また、法律相談所の戦国時代ともいえる現代で(笑)相談者様に選ばれるために、そしてご依頼に至るまで私なりに精一杯の窓口対応・その後のフォローやアプローチ等を行っております。

その行動が実を結び、「事務局の方の対応が良くて、スピード感があってここに決めた」などと名指しでご連絡いただけた時には天にも昇る思いで最高に嬉しいです!(笑)

法律事務所と言えどボランティアではございませんので、下世話な表現やもしれませんが売り上げというものが必要になります。それを踏まえた時に、上記はご相談者様だけでなく事務所に対する貢献も実感できる瞬間です!

QUESTION3

これからパラリーガルになりたい方へ、アドバイスをお願いします。

「パラリーガル」と聞くと、どうしても堅苦しい法律事務所の陰気でPCをひたすらカタカタやってる事務員というような印象があるかもしれません(笑)※私自身がそう思っていました。
しかし、実際は全然違います。ご依頼者様と共に喜んだり怒ったり苦しみながら、その人の幸せの為にいっしょに闘っています。

だからこそ、私達は事務所内での連携やチームプレーを何よりも大切にしています。依頼者の方にいつどんな事態が起きても、担当の誰かが居なくてもその方にご安心頂けるように、問題解決に向けた歩みが滞らないように、常に事務所の中は風通しがよく的確に連携できる環境を維持し、コミュニケーションや目の前の物事をしっかりと見極め考えることを意識しています。

いつ何時も依頼者様や事務所で働く他の弁護士やパラリーガルの方の立場になって、率先して動くことが出来る方。何より、それぞれの気持ちに寄り添って物事を考えられる方が向いているのではないかなと思います!!あと、ガッツがある方!!(笑)

TOP
TOP