【例文アリ】税理士の転職成功に効く職務経歴書の書き方と記載すべきポイント

公認会計士_転職_失敗

税理士としての業務経験やスキルなどをわかりやすくまとめた「職務経歴書」は応募書類の肝であり、書類選考の結果に直結する重要な書類です。採用担当者に「会ってみたい」と思わせる職務経歴書はどのように記載すればよいのでしょうか。

この記事では税理士が転職活動の際に作成する職務経歴書をテーマに、書き方のポイントや注意点などを解説します。

続きを読む

企業内税理士の年収は500万円?年収アップの方法と転職時の注意点

経理_転職しやすい

企業内税理士とは、一般企業に所属し、会社員として働く税理士のことです。

税理士というと税理士事務所や税理士法人で働くのが王道のキャリアですが、近年は企業内税理士というキャリアを選択する税理士も増えています

とはいえ、税理士事務所などで働く税理士とは業務内容が異なるため、年収はどれくらいなのかイメージがわかないという方も多いかもしれません。

この記事では企業内税理士に着目し、年収の目安や年収アップの方法、転職時の注意点などを解説します。

続きを読む

M&AにおけるPMIの仕事内容と公認会計士が関与できる転職先

M&A_PMI

グローバル化や情報化など企業を取り巻く環境がめまぐるしく変化している中、M&Aは国内外で活発に行われています。

以前は大企業同士のM&Aが主流でしたが、近年は中小企業も含めてM&Aが盛んです。M&Aによって、買い手企業は売上規模の拡大や新規事業の参入、人材の獲得などさまざまなメリットを享受できます。

売り手企業にとっても、経営者の高齢化による事業継承問題の解決や従業員の雇用維持、経営基盤の強化など多くのメリットがあります。

これらのメリットを最大限に享受するために欠かせないのが「PMI」です。M&Aの中でとりわけ重要なプロセスなので、PMIに関わってみたいと感じる公認会計士も多いのではないでしょうか。

この記事ではPMIの流れや仕事内容を説明したうえで、公認会計士がPMIに関与するメリットや転職先の候補、転職難易度などについて解説します。

続きを読む

公認会計士に人気のPEファンドというキャリアと転職事例|転職難易度や注意点・転職サイトも解説

peファンド_転職

近年、事業戦略の見直しによる子会社の売却、事業継承や事業再生を行う企業の増加などによってPEファンド業界は活性化しています。

そのためPEファンド業界に注目して転職を考えている方も多いのではないでしょうか。公認会計士においても、若手を中心に監査法人の次のキャリアとして注目を集めています。

とはいえ監査法人からの転職が可能なのか、どんなスキルや経験が求められるのかなど詳しくわからない部分も多いでしょう。この記事ではPEファンドの概要や転職難易度、求められるスキル・経験などについて解説します。

続きを読む

公認会計士の面接対策必勝ガイド|事前準備や当日の注意点を知って転職を成功させるには

公認会計士_面接対策

公認会計士の転職活動では、面接対策に不安を感じる方が多くいます。

公認会計士試験に合格すると最初に監査法人に就職する人が大半なので、定期採用の特殊性からほかの学生のような就職活動を経験していない人も多いでしょう。

日常的にクライアントやチームメンバーとコミュニケーションをとる職種なので面接には自信があると思われがちですが、意外にも苦手意識が強い人も少なくないようです。

そこでこの記事では、公認会計士の面接対策について解説します。面接前の準備から当日の対策、応募先ごとの傾向などを確認しましょう。

続きを読む

公認会計士によくある転職理由8選と転職時に動機・理由が注目される理由・整理が重要なワケとは

公認会計士_転職理由

転職理由とは「自分がなぜ転職したいのか」「転職によって何を実現したいのか」という理由のことです。

転職の方向性を決める際の基礎となるものであり、面接においても応募先の企業が必ず確認しておきたい項目のひとつにあたります。

公認会計士の場合、複数回転職する人が珍しくないこともあって、「自分も転職しなくては」と焦って転職活動を進めるケースが散見されます。

しかし転職理由が明らかになっていないのならそのまま転職活動を進めても失敗に終わる可能性があります。この記事では公認会計士の主な転職理由を紹介しながら、転職理由を整理することの重要性と面接で伝える際のポイントなどを解説します。

続きを読む

経理財務に強い転職サイトおすすめ10社徹底比較|利用メリットと転職成功ポイントまで

経理職に転職したいけれど、未経験だし難しいと悩んでいませんか?

転職エージェントを利用すれば、未経験でも経理職に転職できる可能性が高まります。

特に未経験職種への転職には具体的な指標が必要で、コンサルタントからのアドバイスは重要な「道しるべ」になり、未経験から経理職に転職する際に最も重要なことは転職エージェントに登録することと言っても過言ではありません。

特に大事な「転職に適した時期」「転職するために必要なスキル」といった貴重なアドバイスを貰えるので、積極的に転職エージェントを利用するのが転職成功への近道ともいえますし、良い転職エージェントを選べば、あなたに合ったおすすめの企業を紹介してくれます。

本記事では、経理職におすすめの転職エージェントと、経理職へ転職するために必要なスキルなどを紹介します。

続きを読む

財務DDの仕事内容とは|実施の流れ、公認会計士が経験するメリットも解説

mein

M&Aを実施する際に欠かせないのが、買収対象企業の財務上のリスクを洗い出す「財務DD(デューデリジェンス)」です。

M&A業界への転職を検討中の方であれば頻繁に見聞きするはずの用語ですが、具体的にどんな仕事内容なのかよく分からないという方もいるでしょう。

また、監査を独占業務とする公認会計士が財務DDで戦力になれるのかと不安視する方もいるかもしれません

監査との共通点も多く、会計知識を活かせるため、M&A業界で働きたい公認会計士が最初にチャレンジしやすい領域でもあります。そのためM&A業界への転職を考えるのなら財務DDについて理解することが大切です。

この記事では財務DDの概要や目的、実施の流れや仕事内容などについて解説します。あわせて、公認会計士が財務DDを経験するメリット・デメリットや財務DDに関与できる転職先も確認しましょう。

続きを読む

税理士がワークライフバランスを実現できる転職先はどこか|事務所選びと優良求人を見つける方法

税理士_転職先
  1. 「もっと家族との時間を大切にしたい」
  2. 「ハードワークが続いて心身ともに疲れ果ててしまった」

などの理由で、ワークライフバランスを意識した転職を考える税理士は少なくありません。

税理士は基本的に忙しい職種なので、ワークライフバランスの実現が困難だと思われがちですが、税理士であってもワークライフバランスを維持することは可能です。

税理士業界は深刻な人手不足が続いており、採用側の意識も変わってきています。従業員の働きやすさを真剣に考える職場も増えているため、ワークライフバランスを意識した転職をするにはよい時期です。

では具体的にどんな転職先でワークライフバランスの実現が可能なのでしょうか。この記事では転職先ごと、希望ごとにワークライフバランスの実現可能性について解説します。

続きを読む

税理士の転職先としてBIG4税理士法人を選ぶメリットと転職成功のポイント

税理士_転職先_BIG4

税理士であれば一度はBIG4税理士法人で働いてみたいと憧れを抱くのではないでしょうか。BIG4税理士法人とは、海外の四大会計事務所のメンバーファームである以下の法人を指します。

  • EY税理士法人
  • KPMG税理士法人
  • デロイト トーマツ税理士法人
  • PwC税理士法人

いずれも何百人もの従業員を抱える規模の大きな税理士法人であり、一般的な税理士法人や会計事務所とはクライアントの種類や業務内容、仕事の進め方などさまざまな違いがあります。

BIG4税理士法人ならではの業務経験を積めるため、税理士としての市場価値が高まります。

この記事ではBIG4税理士法人への転職を希望する税理士に向けて、BIG4税理士法人の特徴や転職の難易度、転職メリットなどについて解説します。転職を成功させやすい人の特徴や転職後のキャリアパスなども確認しましょう。

続きを読む

会計士専門転職エージェント
登録