転職活動を始める時期は?

あなたが現在取り組んでいる業務や受任件数が多い繁忙期は特に、転職活動に時間を割くことが難しくなります。 そのため、業務が落ち着くタイミングで求人情報などを探すことになりますが、転職市場は刻一刻と変化しています。この前まで募集していた求人も、あなたが応募しようと思った時にはすでにないケースも多いです。転職を考え始めたタイミングで、『NO-LIMIT』のような弁護士専門のエージェントに登録しておくことで、機会を逃さない転職が可能になります。

はじめての転職活動で何から始めてよいかわからない

まずは、転職の目的・目標をはっきりさせましょう。目的・目標があやふやなまま転職活動を始めてしまうと、あまり興味のない求人にも目移りをしてしまい、転職活動の効率が下がります。また、転職後のミスマッチにもつながりかねません。そのため、最初に転職の目的・目標を決め、そこから逆算する形で転職活動の計画を埋めていきましょう。

求人からだと事務所や企業の雰囲気がわからなくて不安

転職活動を行う上で情報収集は非常に大事です。求人サイトだけでなく、SNSや口コミサイト、友人・知人など、あらゆる方法を駆使して情報を集めましょう。NO-LIMITでは掲載している事務所や企業にヒアリングを行っています。そのため、求人票からはわからない職場の雰囲気や求める人物像など、詳しい情報の提供が可能です

転職活動は在職中と退職後のどちらに行うべき?

双方メリット・デメリットがそれぞれあるため、一概にどちらが良いとは言えません。働きながらの転職活動は、仕事との両立が必要であるため、多忙な環境で働いている場合は、かなりの負担となるでしょう。他方、退職後の転職活動は、焦りからしっかりと条件などを検討せず、内定に飛びつきやすいです。転職活動で良い結果を得られるのはどちらか考えてみてください。

どうやって転職エージェントを見つければいいの?

日本には規模の大小を問わず、たくさんの転職エージェント企業が存在します。あらゆるジャンルの企業に対する転職をサポートする大手エージェントはもちろん、弁護士、会計士など、特殊な業種に特化したエージェントもあります。どちらを選ぶかは個々の自由ですが、まずはオフィシャルサイトなどで業務の範疇やエージェントの構成を確認し、最適なものをチョイスしてコンタクトを取りましょう。

エージェント利用に費用はかかりますか?

転職エージェントは採用側が支払う料金で活動していますので、原則として転職希望者側は無料で利用することができます。

良いエージェントの条件は?

扱っている情報のボリューム、どういった業界に強そうなのか、ということくらいは最低限抑える必要があります。弁護士特化型のサービスを利用する場合でも、法律事務所の求人から、幅広いジャンルの企業のインハウスローヤー求人まで、豊富な情報を持っているサービスを選びましょう。

エージェントとの面談時に気をつけることは?

実際にサポートを担当してくれるキャリアアドバイザーとは綿密なすり合わせを行い、自分の個性や希望をしっかりと伝えることが大切です。良いエージェントは理解力に優れ、要望を的確に把握してくれます。ブリーフィングの段階でしっかりコミュケーションが取れているかどうかは確認しておきましょう。

アドバイザーでみるべき点は?

キャリアアドバイザーの経験値にも注目です。情報量やコネクションの広さは経験値に比例します。特に情報量の少ない弁護士業界での転職活動を始めるわけですから、そのあたりは妥協せず確認するようにして下さい。

同じカテゴリーの人気記事