弁護士として毎日の激務をこなしながらの転職の検討は難しいものがありますが、より良い環境を求める決意をした以上、キャリアアップのための大切な作業をおろそかにするわけにはいきません。

現在進行中の業務に注力しながらも、できるだけ効率よく最適な新天地を見付け出したいのなら転職エージェントを活用することをお勧めします。

時間と手間を要する情報収集をサポートし、履歴書作成や面接のポイントについての相談にも乗ってくれる転職エージェントは、転職活動を進めるうえでの大きな力になります。

NO-LIMITは弁護士に特化した転職エージェントです。今回の内容を参考に上手に活用し、理想のキャリアアップを実現してください。

 

弁護士が転職エージェントを利用する6つのメリット

転職のサポート全般を行ってくれる便利なものではありますが、実際に転職エージェントを活用すると何をしてくれるのかはきになる部分だと思いますので、その辺りをちょっと掘り下げていきましょう。

非公開求人の紹介

転職エージェントの一番の役割は、転職者に対して希望の企業を紹介することです。転職サイトには載っていない非公開求人を紹介できるのが転職エージェント最大の強みになるので、アプローチ数を増やせる、通常では応募できない企業に転職するチャンスがあると言うのは大きな魅力でしょう。

キャリアの相談

そもそもなぜ転職をしたいのかとうことをヒヤリングしながら、あなたがこれからそういったキャリア形成をしていくのがベストなのかの相談に載ってくれます。場合によっては今の会社に残って頑張ると道も提示してくるでしょう。

履歴書・職務経歴書の添削

初めて転職する方によくあるのが履歴書や職務経歴書の受かる書き方を知らないと言う点です。

面接をして内容を聞かれるとはいえ、誰が見てもあなたの経歴が伝わる、凄さを理解できるようにするにはちょっとしたコツが必要なので、そういったテクニックも教えてくれます。

面接対策

履歴書や職務経歴書と同様に、企業との面接前に対策をしてくれます。どういったことを聞かれるのか、答えにくい質問が来た時の返し方などがわかるでしょう。

面談日時の調整

忙しいあなたのために、転職エージェントの方が企業との面談日時の調整をしてくれます。

企業との給与交渉

例えば給与がこのぐらい欲しいなどや、希望のポジションがあった場合に転職エージェント側が企業との交渉を行って、できるだけ希望の内容にそうような内容に話をしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットといえます。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職サイトは自分で全ての転職活動を行わなければいけませんが、転職エージェントを利用する場合は上記のようなサポートを受けられるのが大きな違いといえます。

転職エージェントの費用は完全無料

ちなみに、転職エージェントは完全無料で利用できます。転職エージェントは求人を出している企業サイドからお金をもらって運営をしているため、求職者さまからの費用を頂かなくても運営できています。

弁護士が転職活動を進めていく上での注意点

弁護士が転職活動を進めていく上で注意しなくてはならない点のひとつは、求人情報の少なさを認識することです。少ない情報の中から、自分にベストマッチするものをピックアップするのは至難の業。

少しでも母数が多くなるよう、転職エージェントが提供してくれる情報のほか、複数の転職情報サイトや、弁護士会などが提案する求人、企業ごとの採用ページなどをまんべんなくリサーチし、つねに把握しておくことが大切です。

加えて言えば、場合によっては柔軟性のある対応をするということ。

特に小規模な弁護士事務所などでの勤務経験しかない場合、別の事務所に移籍するにしても、企業に行くにしても、転職先のポリシーや業務の進め方に順応できないこともあります。

専門性の高い職業なうえに、早い段階で独自の業務手順を確立する人が多いだけに、自分のスタイルを変えることに不安を覚える人がいることも事実でしょう。

ただ、新しい環境に飛び込むためには、ある程度のスタイルチェンジは必要です。その部分の躊躇が転職の成功を阻まぬよう、柔軟な対応を念頭に置いておきましょう。

NO-LIMITは弁護士のキャリアアップを徹底サポートします

転職エージェントの活用方法について、ご理解いただけたでしょうか。

理想的な転職先を獲得するためには万全の準備とたゆまぬ努力が必要ではありますが、工夫次第で無駄な苦労を軽減することは可能です。

前向きに、ただし楽観的になりすぎず、キャリアアップという明快な目標に向かって歩みを進めていただきたいと思います。