弁理士試験に合格したものの、またはこれから目指すにあたって、未経験での転職に不安を感じている方は少なくないかもしれません。

せっかく試験に合格したところで、転職できなければ、何のために頑張ったのかわかりませんよね。

「弁理士は昔に比べると稼げなくなった」なんて言われることもありますが、実際のところを知りたい方は多いはずです。

この記事では、未経験弁理士の転職事情や年収相場、転職を成功させるためのポイントなどについて解説します。

弁理士資格者の転職支援サービス
NO-LIMITでは、弁理士資格を持つ弁護士の方の転職支援を行っています。法律特許事務所や、知財関係の案件を扱う法律事務所や企業への求人紹介も可能です。
▶︎ 転職支援サービスに登録する

未経験弁理士でも転職は可能?

結論からいうと、弁理士として実務経験がない方であっても転職は可能です。

そもそも、弁理士業界においては、新卒採用がほとんど行われていません。

というのも、例年、弁理士試験の合格者に学生はほとんどおらず、大半が社会人の方です。

なので、試験合格後すぐに独立するケースでない限り、実務未経験で転職するのはごく一般的なことなのです。

とはいえ、試験合格者が誰でも転職を成功させられるわけではありません。

冒頭でもお伝えしましたが、「弁理士が昔よりも稼げなくなった」と言われるのには理由があり、それは資格保有者の急増です。

2001年には4,843人であった弁理士数も2021年3月時点で11,556人と、20年で2倍以上に増加

【直近3年間の弁理士数推移】

2019年

11,336人

2020年

11,460人

2021年

11,556人

参考:弁理士試験過去の試験結果|特許庁

ピーク時に比べると、近年は合格者数が減っており、その分弁理士数の伸びも抑えられてはいますが、増加傾向にあるのは変わりません。

他の士業と同様に、弁理士も資格を取れば安泰というわけにはいかないでしょう。

参考:弁理士白書

弁理士の未経験転職には年齢制限はある?

転職にあたって年齢は採用に大きく影響を与える要素です。弁理士の未経験転職に関しては、35歳前後が一応の目安となります

業界的に40歳前までに一人前となってほしいという考え方があるのに加え、そもそも試験を20代で合格する方は少数派です。なので35歳前後であれば、未経験転職も十分に可能といえます。

【2020年度弁理士試験最終合格者の年齢分布】

20代

61人

30代

126人

40代

61人

50代

29人

60代

9人

70代

1人

合計

287人

引用元:令和2年度弁理士試験最終合格者統計|特許庁

もちろん、35歳を大きく上回っているからといって、未経験での転職が絶対に不可能というわけではありません。

弁理士としての実務経験以外の部分で評価されるポイントがあれば、十分に可能性はあります。

ただ選択肢はそれほど多くないことは自覚しておく必要があるでしょう。

未経験弁理士に考えられる転職先

弁理士の資格を活かせる主な転職先は以下の通り。

  • 特許事務所
  • 企業の知財部門
  • 法律事務所の知財部門
  • 特許調査会社

やはり弁理士としての技能を活かせる職場となると数は限られますので、特許事務所または企業の知財部門に勤務するケースが多いといえます。

他の転職先となると、かなり少数派ではありますが、法律事務所の知財部門や特許調査会社が挙げられます。

弁理士就業形態

引用元:弁理士白書

知財未経験の人に求められるものとは

転職を行う上で、実務経験がないことを不安に思わない方はまずいないでしょう。

当然、実務経験がある人のほうが転職活動を有利に進められます。

ですが、どこの事務所も経験者の採用ができるわけではありませんし、1年程度の実務経験であれば、研修が省略できる程度の差しかありませんので、他の部分で争うことは十分可能です。

この項目では、知財未経験で弁理士転職を行う際に重要となるポイントを紹介します。

若さは武器になる

実務経験なしでの転職においては、年齢の重要性が高まります。

要するに実務経験がない場合は、ポテンシャル採用とならざるを得ないので、育成のしやすさが重視されます

採用する側からすると、若い人のほうが知識や技能の吸収が早く、指示も出しやすいので指導・育成が比較的にラクです。

他方、ある程度の年齢を重ねている方の場合、自前のやり方に固執することへの不安が拭えず、指導担当よりも年齢が上だと手綱を握り切れない可能性があるので採用に踏みきりづらいのです。

英語力

近年は知財業界でもグローバル化が進んでおり、英語を業務で使用する機会も増えています。

英語を話せるまではいかないまでも、ビジネスレベルで読み書きができる英語力があると、プラスの評価がされやすいです。

文書作成能力

弁理士の主な業務は、各種知的財産権に関する特許庁の申請です。

申請は書面にて行うため、文書作成能力が求められます。申請書類といっても、ただの事務的書類ではありません。

知的財産の権利を申請するための書類なので、発明やアイデアの内容や独自性を言葉で表現するだけでなく、審査官が納得できるよう論理的にまとめる必要があるため、文章作成能力のなかでも、かなり高度なスキルが求められます

文書作成に関する技能や経験があれば、アピールしておくとよいでしょう。

未経験弁理士の年収相場

弁理士に転職するにあたって年収が気にならない方はいないでしょう。

基本的に弁理士の年収は本人の能力に加え、就業先の規模によって大きく変わるため、一概にはいえませんが、一般的には700万円前後が相場と言われています。

上記の金額は経験弁理士も含めたものですので、未経験弁理士に限ると、400万円~500万円が一応の相場となるでしょう。

未経験弁理士の方であっても、他に考慮される経験や技能を有していれば、より高い年収額で採用される可能性はあります。

未経験弁理士が転職を成功させるためのポイント

未経験からの弁理士転職を成功させるためには、ただやみくもに応募を繰り返すだけでなく、工夫も必要となります。

この項目では、未経験弁理士が転職を成功させるためのポイントを紹介します。

経歴の棚卸しを行う

端的にいえば、転職活動とは自分自身を商品とした営業です。

なので、自身を雇うことにどのような魅力や価値があるのかを採用側にしっかりと伝えられなくてはなりません。

そのために大事なのは自分自身の長所を知ることで、自身の経歴の棚卸しを行い、スキルや経験を洗い出してください

洗い出したスキルや経験のなかで、弁理士として働く上で役立ちそうなものを選び出し、志望動機や自己PRにうまく組みこみましょう。

情報収集をしっかりと行う

転職での失敗の多くは情報収集不足によるミスマッチです。

未経験の転職では選べる立場ではないとはいえ、力を発揮できない職場を選んでしまうと、弁理士としてのスキルや経験を身に付けられないまま、短期で離職することになってしまうかもしれません

何度も短期で転職を繰り返せば、採用してくれる事務所や企業はほとんどなくなってしまい、キャリアの積み重ねが困難となりかねないため、しっかりと情報収集を行い、自分に合った職場を見つけましょう。

意欲・熱意をわかりやすく伝える

未経験転職の場合、手持ちの武器が少ない以上意欲や熱意をしっかりとアピールすることも大切です。

もちろん意欲や熱意だけでどうにかなるほど転職活動は甘くありません。

しかし、仮に経歴・能力が似たような採用候補者がいた場合、意欲や熱意が合否の差を分ける可能性があります。

そのため、意欲や熱意の部分で他の候補者に負けないようアピールしておきましょう。

未経験から弁理士に転職するためのルート

未経験から弁理士に転職するための主なルートは以下3つ。

  • 転職サイトから未経験可の求人に応募
  • スカウトサービスに登録
  • 転職エージェント

それぞれ確認していきましょう。

転職サイトから未経験可の求人に応募

転職活動といえば、まず転職サイトからの応募を思い浮かべる方は多いでしょう。

一般的な方法ではあるものの、転職活動が苦手な方の場合、苦戦を強いられやすい方法でもあります。

人によっては書類選考や面接で連戦連敗してしまう可能性もあるため、内定を得るにはめげずに転職活動を継続する根気が重要となるでしょう。

スカウトサービスに登録

転職サービスのなかには、採用側から欲しい人材に声をかけるスカウト型のサービスも存在します。

採用側が欲しいと考えるのは、基本的に能力面で優秀な人材です。

なので、基本的に未経験転職での利用は難しく、弁理士以外の経験の部分で何かしら目を見張るところがないと、なかなかスカウトは届かないでしょう。

転職エージェント

転職エージェント経由で求人に応募するルートも考えられます。

基本的に転職エージェントは経験者採用がメインであるため、未経験の場合は紹介が難しいことも多いですが、可能性がゼロなわけでもありません。

弁理士以外の経歴に、採用側に引っかかりそうな部分があれば、うまくキャリアアドバイザーがプッシュすることで採用につながることもあります

転職エージェントが保有する求人次第な面も大きいですが、登録だけでもしてみて損はないでしょう。

まとめ

弁理士は元々試験合格時の年齢が高めなことから、30代であっても未経験転職は十分に可能です。

とはいえ、一般における転職と同様に高齢なほど転職が厳しくなるのは変わらず、30代後半からは一筋縄ではいかないことを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

未経験転職の場合、弁理士としての経歴以外の部分をどうアピールするかが大事となります。

これまでの経歴の棚卸しや情報収集を怠らないようにしましょう。転職活動を行うにあたり、どの転職サービスを利用するか悩む方もいるかもしれません。

とりあえず利用してみないことには何もわからないので、実際に利用するかは別として、弁理士求人の扱いがありそうなサービスはとりあえず登録することをおすすめします。

いろんなサービスを触ってみたなかで、感触がよかったものを中心に転職活動を進めていきましょう。

NO-LIMIT(ノーリミット)

NO-LIMIT(ノーリミット)とは?

私たち『NO-LIMIT』は、弁護士専門の転職エージェントです。弁護士業界出身のアドバイザーのみが対応。『経歴だけで判断しない“あなたの強み”が活かせる求人紹介』『業界のプロだからわかる転職支援』『ひまわりにはない案件紹介』など、転職を希望する弁護士に特化した転職サポートが強みです。

NO-LIMITが選ばれる理由

転職の相談に乗って欲しい、求人を紹介して欲しい、キャリアアップをしたい、とりあえず情報収集から始めたいなど、どんなことでも対応させて頂きます。

今すぐ無料登録する

転職相談・情報収集のみでもOK

業界に精通したアドバイザーが対応

  • 自分の市場価値を図りたい
  • もっと活躍できる事務所で働きたい
  • 年収アップ、WLBの実現をしたい
  • 企業法務キャリアを歩みたい など